顎関節症の症状をチェック!痛みの原因は?別の病気が隠れているかも

顎関節症 症状

顎関節症は二人に一人が経験していると言われていますが、ほとんどがセルフケアで治癒するためあまり深刻に捉えられていません。

しかし似たようなほかの病気が隠れている可能性もあるため、顎関節症の症状について正しく理解しておくことが大切です。

この記事では顎関節症の症状と原因、ほかの病気の可能性について解説します。

顎関節症の症状について

1.症状をセルフチェックしてみよう

顎関節症 症状

顎関節症になると、主に次のような症状がみられます。

  • ・固いものを噛むと顎が痛い
  • ・口を大きく開けられない
  • ・口を開けると顎がカクカク鳴る
  • ・人差し指・中指・薬指を縦に揃えて、口に入れることができない
  • ・あくびをすると耳のあたりで音が鳴る
  • ・頭痛や肩こりがみられる

 

これらに当てはまるものが多ければ、顎関節症の可能性が高いです。

痛み・腫れ・めまい・発熱などは顎関節症の症状ではなく、ほかの病気が生じている可能性があります。

2.似たような症状が出るほかの病気に注意

下記の病気は顎関節症を併発したり似た症状が出たりするため、病院でしっかり診断を受けることが大切です。

舌咽神経痛

舌咽神経痛

物を噛んだり飲み込んだりするときに、喉・舌の奥・耳の周囲に痛みが出てくる症状です。

顎関節症は、関節の変性性変化や咬合不全 によって顎関節周辺に痛みを起こすため、そのそばを通る舌咽神経にも痛みが生じることがあります。

※咬合不全→噛み合わせや歯並びが良くない状態。変性性変化→顎関節の変形のこと。

自律神経失調症

自律神経

自律神経は意思とは関係なくはたらく神経で、緊張・興奮をつかさどる「交感神経」と休息・リラックスをつかさどる「副交感神経」から成ります。

このバランスが崩れることで生じるさまざまな不調を自律神経失調症といいますが、顎関節症はこれの原因にもなります。

顎関節症では左右対称に顎を使えないことがあり、片方で噛む癖やかみ合わせの問題から自律神経が乱れやすくなります。

また顎関節と頭蓋骨のゆがみは連動しているため、どちらかがゆがむと相互に影響するのですが、頭蓋骨のゆがみは自律神経失調に発展することもあり注意が必要です。

線維筋痛症(全身的慢性疼痛疾患)

うつ

線維筋痛症患者の75%は、顎関節症を併発していると言われています。

一般的な検査をしても原因が見つからず、それにも関わらず次のようにさまざまな症状がみられる病気です。

  • ・全身の強い痛みやこわばり
  • ・睡眠障害
  • ・うつ状態

顎関節症の原因

顎関節症

昔はかみ合わせが原因とされていましたが、今はいくつかの要因が積み重なって顎関節症が生じると考えられています。

具体的には次のような生活習慣が原因となります。

  • ・歯ぎしり
  • ・歯の食いしばり
  • ・頬杖
  • ・うつ伏せ寝
  • ・片側だけで噛む(偏咀嚼)

 

このような要因が積み重なることで、顎の関節や筋肉に負担がかかり痛みなどの症状が出るとされています。

顎関節症になりやすい人

注意

顎に負担をかける生活習慣のある人

既述の通り顎に負担をかける生活をしていると、顎関節症になりやすいです。

特にデスクワークをしている方は頬杖などに要注意です。

一度でも疑わしい症状が出たら、生活習慣を見直して予防に努めましょう。

ストレスを感じやすい人

神経質でストレスを感じやすい方も要注意です。

ストレスによって無意識に歯を食いしばってしまうと、顎関節症を誘発します。

忙しいときや疲れたときは上手に息抜きをして、予防と再発に努めることが大切です。

男性よりも若い女性に多い

顎関節症の患者は男性よりも女性の方が多いです

男女差は2~4倍にものぼり、中でも若い女性が特に多いとされています。

はっきりとした理由は解明されていませんが、靭帯がやわらかいことや女性ホルモンなどが関係あるようです。

顎関節症の治療について

1.治療は必要?

様子見

顎関節症は自力で治せる場合がほとんどなので、疑わしい症状が表れたらまずは1週間様子をみてみましょう。

顎に負担をかけないよう気を付けて過ごせば、多くの場合は治療をしなくても自然と治ります。

症状が治まった後も、顎に負担をかけない生活を続けていきましょう。

まれに悪化して痛みが慢性化していくことがあり、この場合は病院での治療が必要となります。

またほかの病気を合併している場合も、治療が必要となります。

2.治療方法は?

治療

かみ合わせが原因と考えられていた頃は歯列矯正による治療が行われましたが、患者の多くが予後の不調を訴えたことから今ではそういった治療をしません。

歯列矯正をしたり歯を削ったりしてかみ合わせを整えるのではなく、プラスチックの板を歯列全体にかぶせて保存的治療をしていくのが一般的です。

まとめ

顎関節症は基本的にセルフケアで治ります。

口を開けづらい・顎が痛い・口を開けるとカクカク鳴るといった症状がみられたら、顎に負担をかける習慣を控えて1週間程度様子をみましょう。

安静にしていても改善がみられなかったり悪化したりする場合は、歯科を受診して歯科医の指示を仰ぐことが大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くの歯科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで歯科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

歯科一覧へ!