夏の肌トラブル対策!症状に合わせたケアと予防法をご紹介

夏の肌トラブル

海やプール、キャンプ、BBQなど、夏はアクティブに活動したくなる季節です。そんななか気になるのが、夏に起こりやすい肌トラブル。

この記事では、日焼け、虫刺され、水いぼに関するケアと予防法について紹介しています。

肌トラブルを相談できる全国のクリニックについても掲載しているので、ぜひ参考にしてみてください。

<もくじ>

自分に合った日焼け止めの選び方

虫刺されで掻きむしらないためには

水いぼは大人でも発症する?

肌トラブルを相談できる全国のクリニック

まとめ

自分に合った日焼け止めの選び方

自分に合った日焼け止めの選び方

夏の強い日差しや紫外線を長時間浴び続けると、皮膚が赤くなってほてったり、ヒリヒリとした痛みを感じたりすることがあります。そのため、夏は日焼け止めが手放せないという方も多いのではないでしょうか。

自分に合った日焼け止めの選び方や使用法について、事前にチェックしておきましょう。

SPFとPAの数値は生活シーンに合わせて選ぶ

普段の生活で浴びる紫外線程度であれば、SPF30、PA++の日焼け止めで防御することができます。

紫外線をカットするために、SPFとPAは高いものを選びたくなりますが、その分肌への負担が大きくなることも考慮しましょう。

また石鹸で落とせる日焼け止めや、ノンケミカルな日焼け止めを使うことも有効です。

SPFとPAの最大値と違い

SPF
・最大値:50
・UVB防御力の高さを示す
※UVB(紫外線B波) 肌の表面に影響を与え、炎症を起こす

PA
・最大値:++++
・UVA防御力の高さを表す
※UVA(紫外線A波) 肌の奥に入りシミ・しわの原因に

日焼け止めが肌荒れの原因になることも

紫外線をカットする成分が化学反応を起こして肌が荒れることがあります。

また、日焼け止めの洗い残しがある時や体調・体質などで肌が敏感になっている時は、日焼け止めで肌が荒れる場合があります。

肌をいたわるためのUV対策

・体の部位に合った日焼け止めを使用する
日焼け止めのパッケージに「顔用」や「ボディ用」などの記載がされている場合、体の部位に合ったものを使用しましょう。

・日焼け止め用のクレンジングを使用する
帰宅して日焼け止めを落とす際に専用のクレンジングでやさしく洗うことによって、肌へのダメージを軽減させることができます。

・UV加工された商品も使用する
日焼け止めを塗るだけでなく、UV加工された日傘やロング手袋などを活用するのも有効的です。


▼もっと詳しく読む
なぜ日焼け止めは肌荒れの原因になる?肌トラブルを防ぐ商品の選び方

虫刺されで掻きむしらないためには

【虫刺され】掻きむしらないためには

夏の「虫刺され」で主な原因となる虫が蚊です。蚊に刺された時は肌を掻きむしりたくなる気持ちもわかりますが、かゆみの範囲が広がったり細菌が侵入して水ぶくれを引き起こしたりすることがあります。

蚊に刺されたら掻きむしって症状を悪化させないように身近な物を使用して処置しましょう。

市販薬以外での対処!かゆみが強い時は冷やす

かゆみが強い時は保冷剤で冷やしましょう。冷やすことで血管が収縮しかゆみの感覚がにぶくなります。また、かゆみは軽減しないですが、患部を守る目的で絆創膏を貼るのも有効的です。

かゆみ・赤みが強い場合や数日経過しても症状が引かない時は皮膚科へ相談しましょう。

刺される前にまずは予防

夏は外出時のみならず、家のなかでも虫に刺されやすい季節です。まずは予防から始めましょう。

・虫除けスプレーを使用する
・就寝前は電気蚊取りなどを使用する
・ダニなどが好む黒っぽい服を避ける
・虫が多い場所では露出の多い服を避ける

▼もっと詳しく読む
虫刺されで水ぶくれが…何の虫?対処法を解説。皮膚科へ行くべき?

水いぼは大人でも発症する?

【水イボ】大人でも発症する

幼児や小学校低学年の子どもが発症しやすい水いぼですが、免疫力が落ちている時は大人でも発症する可能性があります。

発症すると子どもと同じように、表面がなめらかな「白色」や「ピンク色」のいぼが体に現れます。

大人の水いぼは皮膚科へ相談

水いぼに感染した時は、皮膚科に相談すると良いでしょう。特にアトピー性皮膚炎の方などはウイルスが皮膚に侵入しやすく、患部の周りに水いぼが広がってしまう可能性があります。

また、水いぼは肌のバリア機能が低下していると感染しやすいため、スキンケアなどで肌を保湿することが大切です。

▼もっと詳しく読む
水いぼは自然治癒する?大人と子どもの治療法や期間について解説

肌トラブルを相談できる全国のクリニック

肌トラブルを相談できる全国のクリニック

症状が気になる時は、皮膚科の医師へ相談してみましょう。

北海道・東北エリア
北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県

関東エリア
東京都神奈川県埼玉県千葉県茨城県栃木県群馬県山梨県

信越・北陸エリア
新潟県長野県富山県石川県福井県

東海エリア
愛知県岐阜県静岡県三重県

近畿エリア
大阪府兵庫県京都府滋賀県奈良県和歌山県

中国エリア
鳥取県島根県岡山県広島県山口県

四国エリア
徳島県香川県愛媛県高知県

九州・沖縄エリア
福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

まとめ

今年の夏を楽しむための肌トラブル対策は参考になりましたか。日焼け、虫刺され、水いぼなど、入念に予防していても肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

自然に治る場合もありますが、症状が気になる時や長引いている時は、早めに皮膚科を受診しましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!