ストレスで下痢が続く…食事や睡眠で改善を!市販薬は飲んでもいい?

ストレス 下痢

この記事の監修者

2006年 北里大学大学院卒
2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任
2013年 12月には当院久野銀座クリニックを開業

早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。

「最近なんだか下痢が続くな…」と思ったら、原因はストレスかもしれません。ストレスは大いに下痢と関係しており、原因の一つとしても考えられます。

実はストレスによる下痢は、過敏性腸症候群と呼ばれるれっきとした病態です。下痢が続いた場合、ただの体調不良と捉えずその原因を追究することが大切です。

こちらの記事では、下痢の仕組みやストレスと下痢の関係などを紐解いていきます。

下痢とストレスの関係について

1.下痢の定義って?

便通異常

下痢とは、便の水分量が多いまま排出されてしまう『便通異常』です。

小腸の水分の吸収力不足 や大腸のぜん動運動の増加、腸粘膜からの分泌物増加などが原因で生じます。

正常な便の定義は、一日に排出される便の水分量が200ml以上、もしくは便の量が200g以上のどちらかです。

ちなみに便の約70~80%は水分で出来ており、残りは腸内細菌の死がいや食べかすの集まりです。

2.ストレスが下痢を引き起こすワケ

ストレスによる下痢は、自律神経 が正常に働かなくなることで起こります。

自律神経とは

自律神経

自律神経とは自分の意思とは関係なく働くもので、胃・腸・心臓・体温など生きていく上で欠かせない部分の働きを調節しています。

緊張・興奮などを指令する「交感神経」と、リラックス・休息などを司る「副交感神経」から成りますが、これらのバランスが崩れると腸の働きが活発になりすぎて下痢につながります

ストレスが下痢を引き起こす仕組み

自律神経の構造を踏まえた上で、ストレスが下痢を引き起こす仕組みについて順番に説明していきますね。

1. ストレスの影響を受けて負の感情が生まれる

ストレス

ストレスがあると、不安、緊張、焦り、怒り、悲しみといった感情があらわれます。この感情は、大脳の中心部である 『大脳辺縁系』というところから生み出されています。

2. 感情が大脳新皮質の調整を受ける

感情

大脳辺縁系で生まれた感情は、『大脳新皮質 (分析・感覚・情報処理などを司る)』によって調整されます。

3. 視床下部の働きに影響が出る

視床下部

大脳新皮質によって調整された感情は、『視床下部』の働きに影響を及ぼします。視床下部とは脳内で自律神経の調節を行う場所です。

4. 自律神経が乱れる

自律神経 乱れ

大脳新皮質の影響を受けた視床下部は正しく働くことができず、自律神経を構成する2つのバランスを乱します。

  • ・交感神経:活動を促進する。仕事中や運動中に働く神経。
  • ・副交感神経:活動を休ませる。休養中や食べ物の消化中に働く神経。

 

5. 下痢が起こる

下痢仕組み

自律神経が乱れると、交感神経が働いているはずの仕事中や運動中に副交感神経が働き、腸の動きが活発になることがあります。

こうして交感神経と副交感神経が必要な場面で正常に働かなくなると、腸の働きに支障が出て下痢が起こります。

3.どんな人が下痢になりやすい?

自律神経

普段の生活の中で心理的・社会的ストレスが多い人や、几帳面で神経質な人が下痢を起こしやすいと言われています。次のようなストレスを抱えている方は注意が必要です。

  • ・仕事、勉強、習い事、育児などで時間に追われている
  • ・転職、人事異動、出張、旅行、進入学、進級、引っ越し、結婚、離婚、引退といった環境の変化
  • ・職場、学校、家庭、近所、サークルなどの対人関係

 

旅行や結婚など一見ストレスを感じないような嬉しい出来事も環境の変化にあてはまり、身体はストレスとして受け止めることも多いです。

ストレスによる下痢を治すために…対処法

1.下痢におすすめの食事は?

ストレスによる下痢で悩んでいる人は、腸への刺激が少なく、消化が良く、栄養価が高い食品を選ぶことが大切です。

下痢のときに避けるべき食品

刺激物

基本的に冷たいものやスパイス類、炭酸、カフェインなどは控えるようにします。

卵や肉、魚など、脂肪が少ないたんぱく質がおすすめ

卵

また、卵や鶏肉(ささみ・むね肉)、やわらかい赤身の牛肉、白身魚といったタンパク質は脂肪が少ないので消化に良いです。

豆腐や高野豆腐、納豆などの大豆製品も消化に良いので積極的に取り入れましょう。

野菜はやわらかくして食べる!

野菜

野菜類は生よりも、煮る・蒸すなどやわらかくしてから食べると消化が良くなります。

ちなみにごぼうやさつまいもなどの不溶性食物繊維は、便のかさを増やしたり便通を良くしたりする働きがありますが、消化に時間がかかり胃腸に負担をかけるため控えましょう。

果物は、バナナやリンゴをとろう

りんごバナナ

バナナやリンゴは腸管刺激作用が少なく、便を固めるペクチンが多いのでおすすめです。

刺激の強い柑橘類や、消化に時間のかかる柿やパイナップルは避けましょう。

2.下痢を治すための生活習慣

食事や、睡眠の時間を一定に!

睡眠

私たちの身体には生まれながらにして体内時計が組み込まれており、起床、活動、睡眠などのパターンに一定のリズムがあります。

生活リズムが乱れると自律神経が乱れ、心や身体に変調をきたしてしまいます。

そのため、食事や睡眠の時間を一定に保つよう工夫し、生活リズムを整えましょう。

ストレスをためこまない工夫を

ストレスフリー

基本的にはストレスが下痢の元凶となります。嫌なことがあったら気分転換をしたり身体づくりをしてみたり、ストレスをため込まない工夫が大切です。

活動と休養のバランスが崩れるとストレスになりやすいので、自律神経を整えるためにも休養をおろそかにしないよう心がけましょう。

3.市販の下痢止めを飲んでもいい?

薬

市販の下痢止めには殺菌作用が含まれるものもあり、食あたりなどが原因の下痢に使用します。そのため、ストレスからくる下痢には向きません。

ストレスからくる下痢には整腸薬がおすすめ!

薬

ストレスからくる腹痛や下痢には、下痢止めよりも『乳酸菌製剤』のような整腸薬の方がおすすめです。

しかし整腸薬にも種類があり効き方が異なるので、購入の際は薬剤師に相談しましょう。

市販薬で改善しない場合は病院へ

病院

症状が軽い場合は市販薬で治すのもありですが、改善が見られない場合はほかの病気の可能性も考え、一度は医師の診察を受けることをおすすめします。

病院での治療について

1.何科を受診すべき?

医師

一般的に、下痢の治療は消化器内科を受診することをおすすめします。これは、ストレスが原因ではなく何かほかの病気が隠れている可能性もあるためです。

緊張癖や心配事があって下痢の症状が起こったり、症状が続いて精神的に参っていたりと、精神的な影響が強い場合は心療内科を受診しても良いでしょう。

2.治療法

検査

下痢の治療方法としては、薬の投与、生活や食事の工夫、心理療法によるストレスの緩和などがあります。

腹痛や下痢などの症状がつらく外出しづらいという場合は、まず症状を和らげるために『鎮痛薬』や『止痢薬』を使います。

心理的な要素が強い場合は、心理療法を行い消化器症状に対する薬と一緒に『抗不安薬』や『抗うつ薬』を処方することもあります。

まとめ

ストレスは軽減することはできても、完全に避けて生きることはできません。

ストレスによって下痢になり、そして下痢によってストレスがたまるという悪循環を繰り返さないためにも、日頃からこまめに発散することが大切です。

ストレスを溜めやすい方は生活スタイルを見直すなど工夫し、それでも下痢が続く場合は病院で適切な治療を受けましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん