鼻の毛穴が黒ずむ8つの原因は?「いちご鼻」を改善するためのスキンケアや治療法を医師が解説

この記事の執筆者

長谷川佳子先生

執筆者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

2002年  福井県立藤島高等学校卒業
2002年  北里大学医学部医学科入学
2012年  北里大学医学部医学科卒業
2012年  横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年  横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年  横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年  藤沢湘南台病院 入職
2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

「いちご鼻」は、女性の大敵とも言える肌トラブルのひとつです。

可愛らしい呼び方ではありますが、鼻の毛穴が黒くポツポツと目立ち、見た目が「いちご」に似ていることから、このように呼ばれています。

いちご鼻を改善するためには、毛穴が黒ずむ原因を知って対策を講じることが大切です。

また、改善のための正しいスキンケアや、病院での治療法についても詳しく紹介します。

なぜ毛穴が黒ずむのか…いちご鼻になる8つの原因

ポツポツと黒い毛穴が目立ついちご鼻ですが、毛穴が黒ずむのには、次の8つの原因があります。

【1】角栓

不要になった皮脂や過剰に分泌された角質が毛穴に詰まり角栓になります。

この角栓が剥がれないまま酸化し、黒ずむことがいちご鼻の原因のひとつです。

【2】不十分なすすぎ

余分な皮脂や角栓に加え、汗や洗顔料、メイク剤などのすすぎが不十分なことによる肌の汚れも、いちご鼻の原因です。

【3】無理な角質除去

無理に鼻の毛穴から角質を掘り起こすことで、いちご鼻をさらに悪化させる原因になります。

【4】間違った洗顔法

顔の洗い過ぎは、いちご鼻を悪化させる原因です。

余分な皮脂などを除去しようと、こまめに洗顔することは控え、正しい洗顔法を身につけることが大切です。

【5】紫外線

肌を黒くすることで知られているメラニン色素は、紫外線から肌を保護するために発生します。

紫外線対策を行わないでいると、毛穴まわりにメラニン色素が大量に発生して毛穴の黒ずみを悪化させてしまうことがあります。

【6】加齢

加齢により、肌内部にあるエラスチンやコラーゲンが減少することで肌の弾力が低下します。

保湿ケアをしっかりと行わないと毛穴が広がりやすくなり、いちご鼻の原因になります。

【7】毛穴パック

毛穴パックを繰り返し行うことで、パックの刺激から肌を守ろうと毛穴周辺の角質が厚くなります。

そのことが原因で、角栓が生じやすくなるという悪循環もいちご鼻を悪化させる原因です。

【8】生活習慣

睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、過度のストレス、喫煙習慣、飲酒、物理的な刺激などによってもメラニン色素が増加することがあり、いちご鼻の原因となります。

毛穴の黒ずみをなくすための対処法

ここでは、毛穴が黒ずむさまざまな原因を理解した上で、いちご鼻を改善するためのスキンケアについて紹介していきます。

いちご鼻を改善するための洗顔法

いちご鼻を根本から改善するには、皮脂が必要以上に分泌されない健康的な肌を自ら維持す“肌力”をつけることが大切です。

そのためには次のことを守り、正しい洗顔法を行いましょう。

1.洗顔前に手をきれいに洗う
2.洗顔料をしっかり泡立てる
3.皮脂が多い部分から洗い始める
4.洗顔料が肌に残らないようにしっかり洗い流す
5.清潔なタオルで優しくおさえるように拭く
6.洗顔後はすぐに保湿する

洗顔には石鹸が良い!?

洗顔には「石鹸」が適しています。

石鹸には適度な洗浄力があるうえ、洗顔後の肌に余分な成分が残らないことから、いちご鼻対策には効果が期待できます。

泡洗顔のメリット

ネットなどで泡立てた、ふわふわできめ細かい泡で洗顔すると、肌と泡の接触面積が広くなり肌への刺激を少なくしながら効果的に汚れを洗い流すことができます。

指だけでは落としきれない肌の横突部分の黒ずみまで泡が入り込み、毛穴につまっている角栓や皮脂を、肌への負担をおさえて除去することができます。

石鹸で肌に刺激を感じる場合には…

石鹸洗顔で肌に刺激を感じる場合には、肌に優しい成分でできているアミノ酸系や弱酸性の洗顔料を使うことをおすすめします。

いちご鼻に効く!毎日のスキンケア

洗顔の次に、日々のスキンケアでもいちご鼻は改善できます。

いちご鼻の改善策として、角質除去後の保湿が重要です。

保湿をおろそかにしてしまうと、肌のターンオーバーや防御機能が正常に作用しないため、どれだけ角質を除去してもいちご鼻は改善されません。

スキンケア用品を選ぶポイントとしては、次のことを参考にしてください。

ビタミンC  配合のエイジングケア用品を使う

おすすめは、ビタミンC 誘導体を配合しているエイジングケア用品です。

次の手順で日々のスキンケアを行いましょう。

化粧水で保湿する

ヒアルロン酸やプロテオグリカン・エラスチン・コラーゲン・ナールスゲンなどのアミノ酸誘導体は低刺激でありながら高い保湿力を持つ成分です。

これらが配合されている化粧水で肌を整えることも効果的です。

美容液やクリームで油分も補給する

化粧水のようなローションタイプの水溶性保湿成分の後には、乳液やクリームといった脂溶性保湿成分を適度に使用して肌をパックするように保護しましょう。

保湿力が高いと言われているセラミドを配合している美容液やクリームがおすすめです。

いちご鼻でも皮脂が全く必要ないというわけではなく、肌を保湿するためには適量の油分が必要です。

いちご鼻を改善するための生活習慣

いちご鼻を改善するためには、日頃の生活習慣を見直すことも重要なポイントになります。

次のようなことは、いちご鼻を悪化させる原因になるので気をつけましょう。

・睡眠不足
・過度なストレスを抱える
・ホルモンバランスの乱れ
・冷え
・運動不足による基礎代謝の低下

いちご鼻を改善するための食事のポイント

食生活も重要な要素となります。

いくらしっかりとスキンケアを行っても食生活が乱れていては効果は期待できません。次のことを心がけましょう。

バランスの良い食事

良質なタンパク質やビタミン、ミネラルなどをバランス良く取り入れた食事を心がけましょう。

ビタミンCを意識して摂る

皮脂コントロールや酸化防止効果を持つビタミンCを豊富に含む食品を意識して摂りましょう。
ほうれん草やにんじん、いちご、みかん、チンゲン菜、ピーマンといった食品にビタミンCは多く含まれています。

ビタミンA を意識して摂る

肌のターンオーバーを正常化する働きをもつビタミンAを豊富に含む食品も意識して摂りましょう。

レバーや魚類、緑黄色野菜、牛乳といった食品にビタミンAは多く含まれています。

脂肪分の多い食品を控える

脂質分の多いものは皮脂分泌を促し、皮脂が酸化しやすくなるので、とんかつなどの揚げ物やポテトチップスなどのスナック菓子は控えましょう。

刺激物や甘いものを控える

刺激物は、肌にも刺激になります。

また、甘い物は肌老化を進めるので、これらは控えましょう。

カフェインに注意

コーヒーや紅茶といったカフェインの多い飲物は、身体を冷やしてしまい血行不良になりやすく、肌にも悪影響を与えます。

飲み過ぎに注意しましょう。

飲酒はほどほどに

お酒は体内のビタミンを消耗してしまうので、飲み過ぎは肌に良くありません。

タバコは控える

喫煙することで体内のビタミンCを消耗し、血管が細くなり血行不良を起こすため、肌にもダメージを与えます。

皮膚科でできるいちご鼻の治療

皮膚科でのいちご鼻の治療は、保険が効くものと自費治療があります。

それぞれの治療は次の通りです。

保険の効く治療について

薬の処方と改善の指導を行います。

アダパレンの処方

アダパレンという外用薬はニキビ治療にも使われ、毛穴のつまりを改善させます。

ビタミンB群内服薬の処方

ビタミンB群内服薬は脂質代謝を促し、皮脂の分泌を正常にします。

漢方薬の処方

作用は漢方の種類にもよりますが、腫れや化膿、熱や炎症を抑えたりニキビができやすい体質を改善したりします。

いちご鼻を改善するための指導

洗顔法や保湿といったスキンケアの指導を行います。

自費治療について

保険適用外になると、治療の幅も広がります。

いちご鼻の自費治療には、次の方法があるので参考にしてみてはいかがでしょうか?

ケミカルピーリング

毛穴につまった古い角質や汚れなどを溶かして除去する治療法で、肌のターンオーバーを促し、新しい肌を再生させることでいちご鼻の改善を図ります。

この治療法は、メラニンが原因のいちご鼻の治療の中では比較的、金銭面でも負担が軽く、かつ効果的に治療を行えます。

しかし、効果には個人差があり、2週間おきに1回の治療を6回ほど、定期的に行うのが効果的です。

レーザー治療

いちご鼻の改善に効果的なレーザー治療はさまざまありますが、なかでも「フラクショナルレーザー」は毛穴を小さくし、皮脂量を抑えることもできるのでおすすめです。

フラクショナルレーザー治療は、コラーゲンの再生を促す効果も期待できるので、肌にハリ感が生まれ毛穴が目立ちにくくなります。

イオン導入

イオン導入は、高密度ビタミンC やビタミンEなどを微弱電流で肌に入れることで、必要以上の皮脂分泌を抑え、毛穴の黒ずみを予防する治療法です。

化粧水を手で塗るのと比べると、100倍ほどの肌への浸透が期待でき、いちご鼻改善に効果的です。

また、ケミカルピーリングと合わせて行うことで、さらなる効果が期待できます。

まとめ

間違ったスキンケアや鼻の毛穴の角栓などを無理やり取ることは、いちご鼻の悪化につながります。

正しいスキンケア法を実践することで肌力をつけ、いつまでも毛穴の目立たないキレイなお肌を目指しましょう。

また、いちご鼻の根本的な原因を把握し、正しいエイジングケアを行うことが症状改善の近道にもなります。

とくに皮脂分泌の多い人はいちご鼻になりやすいので、その日のうちに毛穴の汚れはしっかりと落とし、十分な保湿を心がけることが大切です。

 

執筆者:小田原銀座クリニック 長谷川佳子 先生

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
  • インフルエンザ予防接種

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!