黄色ブドウ球菌は食中毒の原因菌!症状や治療中の過ごし方について

黄色ブドウ球菌食中毒

この記事の監修者

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

黄色ブドウ球菌は、食中毒の原因菌です。この菌による食中毒は毎年発生していますが、5~10月は特に流行りやすいと言われています。

2016年には698人という患者数が報告されており、誰にでも発症の可能性があると言えるでしょう。この記事では、黄色ブドウ球菌の特徴や原因となる食品、食中毒の症状と治療法を解説します。

黄色ブドウ球菌と食中毒の関係

1.黄色ブドウ球菌とは?

食中毒

黄色ブドウ球菌とは、ぶどうの房のようにくっついた食中毒の原因となる細菌です。食中毒以外にも、にきび・吹き出物・切り傷・水虫のような化膿性疾患を引き起こす原因となります。黄色ブドウ球菌は健康な人の鼻、皮膚、腸管や埃からも検出されることがあるほど、身近な細菌です。

2.食中毒が起こる原因

寿司職人

黄色ブドウ球菌が付着した食品を口にすることで、食中毒が起こります。ほとんどの場合、調理する人の手を介して汚染されます。そしてその食品が口に運ばれるまでの間に、温度管理によって黄色ブドウ球菌が増殖し、それを食べた人に食中毒症状が現れるという仕組みです。

30~37℃が最も増殖する温度ですが、5~47.8℃の温度域でも増殖し、毒素を発生させることがあります。

今まで発生した食中毒では、下記のように多岐にわたる食品に黄色ブドウ球菌が含まれていたとの報告があります。

  • ・にぎりめし
  • ・寿司
  • ・肉
  • ・卵
  • ・サンドウィッチ
  • ・ケーキ
  • ・乳製品

食中毒の原因はエンテロトキシン

黄色ブドウ球菌には『エンテロトキシン』という毒素を発生させる特徴があります。エンテロトキシンは、人の腸管内で中毒を引き起こし、激しい吐き気やおう吐、下痢や腹痛などを起こします。

加熱殺菌はほとんど効果がない

食中毒が起こる原因は、ブドウ球菌そのものよりもそれが作り出すエンテロトキシンの方であることが判明しています。エンテロトキシンは熱や乾燥、胃酸、消化酵素に強いため加熱殺菌ではほとんど効果がありません。

2.黄色ブドウ球菌による食中毒の症状

腹痛

黄色ブドウ球菌による食中毒では基本的に高熱が出ることはなく、次のような症状が1~2日程続きます。

  • ・激しい腹痛
  • ・下痢
  • ・嘔吐

菌の潜伏時間は30分から6時間となり、平均して3時間ほどです。一般的な食中毒菌と比べて潜伏期間が短いのが特徴です。

3.黄色ブドウ球菌による食中毒の治療法

食中毒かも知れないと思ったら、まずは病院へ行きましょう。食中毒かそうでないかで、治療内容が変わるためです。

病院では問診や診察を行い、食中毒の疑いがあると判断された場合は血液検査や検便を行います。他の病気が疑われる場合は、レントゲンによる画像検査やCTなどを行うこともあります。

薬物治療は有効?

薬物治療

抗菌薬は黄色ブドウ球菌を殺菌することができても、毒素であるエンテロトキシンを殺菌する効果はありません。

そのため、菌が体内から出るのを待つしかありません。下痢や嘔吐による脱水症状がひどい場合は、失われた電解質を補給するため、点滴することもあります。

症状により、血圧の低下や脈拍が弱くなるケースでは、適宜投薬を行います。注射または座薬で、吐き気や嘔吐を抑える薬を投与される場合もあります。

下痢止めの服用はNG

危険

下痢がひどくても、市販の下痢止めなどは服薬しないようにしましょう。体内の食中毒菌をなるべく早く排出した方が、症状は改善するためです。

下痢止めを服用すると、排便が抑えられることで体内に菌が残っている状態になり、症状が悪化する場合があるため注意が必要です。

治療中の過ごし方

黄色ブドウ球菌による食中毒は、1~2日程度で症状が改善することもあります。治療中は安静にすることが大切です。

1.治療中は水分補給を忘れずに

スポーツドリンク

下痢や嘔吐による脱水を防ぐために、カフェインを含んでいないスポーツドリンクや経口補水液で水分補給をしましょう。

梅しょう番茶がおすすめ!

食中毒により胃腸に負担がかかっている状態なので、水分補給には梅しょう番茶がおすすめです。作り方は下記の通りシンプルです。

  • ・梅干  :1個
  • ・しょうゆ:小さじ2杯
  • ・生姜汁 :2~3滴
  • ・番茶  :150~200ml

梅干のクエン酸や生姜の成分が代謝を促し、しょうゆは胃腸の調子を整える効果があります。さらに梅干、生姜、番茶には殺菌効果もあり、治療中に最適です。また温かい飲み物にはリラックス効果があるため、気持ち的にも落ち着けます。

2.治療中の食事内容

下痢や嘔吐がおさまっても、すぐに普通食に戻すと胃腸に負担をかけてしまいます。半日から1日程度は絶食し、水分のみで過ごします。湯冷ましや薄いほうじ茶、薄いくず湯などをとって胃腸を少し落ち着かせましょう。

治療中の食事は醤油や塩を入れた重湯から始めて、お粥、豆腐、鰹節、梅干などをいただき徐々に体を回復させましょう。

避けるべき食事

油っこい揚げ物や食物繊維の多いごぼうやレンコンなどは、胃腸に負担をかけるため避けましょう。また、次のような飲料水も同様の理由で控えるべきです。

  • ・コーヒー
  • ・アルコール
  • ・牛乳
  • ・コーラ
  • ・カフェイン

まとめ

食中毒を避けるためには、新鮮な食材を使い、調理後なるべく時間を空けずに食べることが大切です。食中毒が思い当たる場合は、早めに医師の診察を受けてください。黄色ブドウ球菌による食中毒は比較的回復が早いため、水分補給を忘れず安静に過ごしていれば回復するでしょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くの胃腸内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで胃腸内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

胃腸内科一覧へ!