赤血球が多い原因と病気のリスクは?運動後などに多くなる!改善法は?

赤血球 多い

この記事の監修者

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

赤血球が少ないことを貧血といいますが、多い場合は問題ないのでしょうか?

この記事では赤血球が多い場合に、どのような症状が起こるのかや、数値を改善する方法について解説します。

赤血球が多い!なぜ?原因は?

1.赤血球はどれくらいから「多い」の?

疑問

赤血球の基準値は、男性では1マイクロリットルのなかに420~570万個女性では380~500万個程度だと言われています。

この基準値よりも多い場合(600~800万個)は、「多血症」という症状で血液の流れが悪くなったり、血管がつまりやすくなったりします。

2.赤血球が一時的に多くなる原因

汗を大量にかいた後

運動やサウナなどで大量に汗をかいた後は、血液中の水分が減っているため、一時的に赤血球の数が多くなる場合があります。

嘔吐や下痢で、水分が減っているとき

またおう吐や下痢などにより体内の水分が減っている場合にも、一時的に赤血球の数が増えることがあります。

これは実際の赤血球の数が増えているのではなく、血しょう成分(水分)が減った分、血液が濃くなっているため、検査データ上でそう見えてしまうだけです。

3.赤血球が多くなりやすい生活習慣

赤血球がおおく一時的に赤血球が増える場合以外に、生活習慣が原因となり赤血球の数が増えることがあります。

赤血球だけ増えるのは「真性赤血球増多症」で、他に原因がある場合は「二次性多血症」となります。

喫煙などの習慣がある人

たばこ

たばこをいつも吸っていると、酸素をより多く運ぼうとするために、脈拍が高まります。脈拍の増加は、たばこ2本につき10拍ともいわれます。

その結果、骨髄では酸素を運ぶ役割をする赤血球が多くつくられてしまいます。

スポーツなどで脱水状態になることが多い人

スポーツする女性

血液中の水分(血しょう成分)が減ることから赤血球の濃度が増えてしまいます。

4.赤血球が多いとどんな問題がある?病気のリスクは?

赤血球の数が多すぎると、血液がドロドロとして濃くなり、血流が悪くなる可能性があります。

多少数値が高い分にはさほど問題はありませんが、あまりにも血液がドロドロになっていると血栓ができやすく詰まりやすい状態になってしまいます。

ドロドロした血液は動脈硬化を引き起こし、脳梗塞や心筋梗塞などの病気になりやすくなります。

「赤血球が多い」と言われたら。食事と運動で改善を

1.食事面

まず、食事では血液をサラサラにする食べ物を意識して摂るようにしましょう。下記にあげたような食品を意識的に取り入れ、バランスの良く食習慣を整えていきましょう。

血液をサラサラにしてくれる食品

たまねぎ

たまねぎ、ヨーグルト、大豆製品、納豆、しょうが、にんにく、梅干し、緑黄色野菜、きのこ、海藻

2.運動面

血液さらさら

また、運動することも血液をサラサラにすることにつながります。

運動することで、体内のエネルギー消費量が多くなり、血管が広がるので毛細血管の隅々まで血液が流れるようになります。そして、血液の流れがよくなることで、体内に溜まっていた老廃物も排出されるため、血液がより流れやすくなります。また、運動する際は水分はこまめに摂り、脱水症状に注意することが大切です。

血液をサラサラにする運動

軽いウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。普段の生活の中で、一駅歩いたり階段の利用を増やすだけでも効果が期待できます。

激しい運動により汗をかきすぎても、体内の水分量が減ってしまい、一時的に水分不足により血液がドロドロになる可能性があるため注意が必要です。

3.放っておいても自然に戻る?

一時的なものや、軽い症状の場合は自然に基準値に戻ることもあります。しかし、検査で数値が高い場合は、日常生活を見直してみることをおすすめします。

再検査

血液検査は、循環器内科などで受けることができます。

検査時は朝食を欠食して受けていることがほとんどなので、脱水により体の水分が減ることで一時的に赤血球の数が増えている場合もあります。

そのため、再検査を行い、正しい数値なのかどうかを検証する必要があります。

まずは同じ検査を行い、それでも数値に異常が見られる場合はさらに詳しく調べるために精密検査を行います。

まとめ

赤血球が低い場合より、高い場合は危険性が少ないようなイメージがあるかもしれません。

しかし、赤血球の数が多いということは、それだけ血液がドロドロの状態であるということです。その分、血液が詰まりやすいというリスクがあります。

生活習慣を改善するだけでも、基準値に戻すことが可能なので、検査をして数値が高い場合は生活習慣を見直してみましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くの循環器内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで循環器内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

循環器内科一覧へ!