【ご案内】新型コロナウイルスによる院内感染対策についての情報を掲載しています

パニック障害のセルフチェックシート。病院へ行くべき症状は?何科?

パニック障害 チェック

この記事の監修者

岩瀬利郎先生

監修者

日本医療科学大学 

兼任教授:岩瀬利郎 先生

浜松医科大学 同大学院修了 医学博士
神経分子病理学の研究に従事
埼玉医科大学精神医学教室
ジョンズ・ホプキンス大学医学部に短期留学
石心会狭山病院精神科部長
2011年 武蔵の森病院院長
2019年 日本医療科学大学兼任教授
「薬を処方するだけの医療でもなく、かといって話を聞くだけのカウンセリングでもない」医療を目指す。

『パニック障害』は、「胸がドキドキして息ができない」、「このままどうにかなってしまうのではないか」など、突然強い不安が起こり、激しい発作に襲われる病気です。

決して性格によるものではなく、過度のストレスによってだれにでも起こる可能性があります。

今回は、前触れもなく突然起こる『パニック障害』についてご紹介します。

パニック障害とは?症状や原因について

パニック障害の発作で動悸がしている女性

1.パニック障害ってどんな病気?

パニック障害は突然起こります

急に胸がドキドキして息が苦しくなる・息切れ・めまい・吐き気など、発作のような症状があらわれます。

このまま死んでしまうのではないか?どうにかなってしまうのではないか?など、強い不安を感じることもあります。また、どうしてこのような発作が起こるのか訳がわからず困惑することもあるでしょう。

重くなるとほかの症状や病気を発症することも

発作が起きたことによって、不安感や恐怖感が強まり、日常生活にも支障をきたすことがあります。また、発作が治まっても、激しい動悸や発汗、頻脈が続くなどさまざまな症状が体にあらわれる可能性もあります。

病気が進行してしまうと、『うつ病』や『うつ状態』につながるおそれもあります。

2.パニック障害の原因

パニック障害とかかわりが深い神経伝達物質のイメージ

いくつかの要因が脳の働きに影響?

パニック障害の原因は、まだ完全には解明されていません。

いくつかの要因が重なった結果、「脳の神経」や「神経伝達物質」の異常が発生によって発症するという考えが有力です。

性格や心の問題だけではありません!

「私の心が弱いから発作を起こした」、「私がダメだから」などと自分を責める必要はありません。性格や心の問題などではなく、だれにでも起こる可能性がある病気です。

自分に合った適切な治療を受けて、ゆっくりと治していきましょう。

パニック障害かも?と思ったらセルフチェック!

『パニック障害の診断基準-精神障害の分類と診断の手引き第4版(DSM-Ⅳ、米国精神医学協会1994)』を参考にして、パニック障害かをチェックすることができます。

(注意:あくまでもセルフチェックなので一つの目安です。このチェックだけで診断の代わりとなるものではありません。診断は必ず医師から受けてください。)

パニック障害セルフチェックのイメージ

  • ・以下のように感じることがありますか?
    □ 胸がドキドキする
    □ 息切れ、息苦しさがある
    □ 汗をかく
    □ 震えることがある
    □ 窒息感がある
    □ 胸が痛くなる、胸部の不快感がある
    □ 吐き気がする
    □ 自分ではなくなるのではないかと感じる
    □ めまい、ふらつき、気が遠くなる感じがする
    □ 熱感や冷感がある
    □ 気が狂うのではないかと感じる
    □ 死んでしまうのではないかと感じる

 

  • ・上記の項目の症状が、この1か月の間に起こりましたか?
    □ はい       □ いいえ

 

  • ・上記の症状が起きたらどうしようと不安になりますか?
    □ はい       □ いいえ

 

  • ・上記の症状が起きやすい状況を避けるように生活をしている、または日常生活に支障が出ていますか?
    □はい       □ いいえ

 

  • ・閉ざされた空間が苦手になりましたか?
    □ はい       □ いいえ

 

「いいえ」以外の4項目以上にチェックがついた場合は、パニック障害の可能性があります。

病院の受診をおすすめします。

パニック障害が疑われるときの対処法

パニック障害の相談に行った心療内科のイメージ

1.病院の受診がすすめられる症状。何科にかかる?

次のような症状が出ている場合は、医師に相談し、自分に合った適切な治療を受けるようにしましょう。

受診するのは心療内科がおすすめです。

「発作が起こるかもしれない」という不安が大きい

チェック項目にある症状が強く出ていると、発作が起こることそのものに対する恐怖、いわゆる予期不安を感じるようになります。

発作で死ぬことはありませんが、死んでしまうのではないかと激しい不安に襲われます。

発作がいつ起こるのか、不安に不安が重なり、パニックになる発作のことをつねに考えてしまう思考状態に陥ってしまいます。

パニック障害で出かけるのが怖い女性イメージ

外出することに恐怖を感じる

パニック障害は、発作が起きたときにその場から逃げられないことに恐怖を抱きます。

そのため、外出することに対して恐怖を感じる、『広場恐怖』の症状があらわれるタイプと、あらわれないタイプのものがあります。

このような症状が起こると、生活する行動範囲がせまくなり、コミュニケーションをとることができなくなります。そうなると、外出する機会が減ってしまい、よりつらさを感じるようになります。

精神的につらく、悩みを感じている

パニック障害は過度のストレスによって、精神的な病気にも悩まされることもあります。

それが続くと、『うつ病』や『うつ症状』を併発することもあります。

2.症状が軽い場合の対処法は?

パニック障害の発作の前兆があったら音楽を聴くことにしている男性イメージ

症状が軽いと…頻度も少ない

パニック症状が軽い場合は、発作が起こる頻度も少ないことが多いです。

時々不安になる、ときどき外に出たくなくなるなど、日常的にはそれほど気にならない場合もあるでしょう。発作の回数も少なく、忘れたころに症状があらわれる場合も、症状が軽いといえます。

自分が落ち着く場所や方法を知っておく

自分が落ち着く環境や方法を探しておくと、発作が起きる前に発作を抑えることができます。

発作が起こる前に「息苦しくなってきた」、「めまいがするかも」などの前兆があらわれます。

前兆を感じたときに、自分が落ち着ける場所に移動して発作を抑えられる場合もあります。

自分が落ち着ける場所は、人によってそれぞれ違います。トイレの個室、人の少ないところなどが落ち着く人、音楽を聴くことで落ち着く人などさまざまです。

無理に薬に頼らず、リラクゼーションやカウンセリングを

パニック障害の軽い症状を腹式呼吸で鎮めている女性イメージ

症状の軽いパニック障害の場合は、無理に薬に頼る必要はないでしょう。

病院を受診して、リラクゼーションの指導やカウンセリングを受けることをおすすめします

リラクゼーション指導だけでも症状が改善される方が多くみられます。

リラクゼーション指導では、無理にリラックスさせようとするのではなく、リラックスしたときの身体の状態をイメージ・再現していきます。物理的に身体のリラックス状態をまず作り、それによって心理面への影響を期待するのです(自律訓練法)。

他にも、腹式呼吸の練習をして、「身体の緊張をやわらげる」ことを行います。

人によって治療もさまざまですので、薬物療法で効果が出る場合ももちろんあります。薬で症状を抑えることができるのであれば、取り入れるとよいでしょう。

信頼できる医師に相談しながら、治療を進めましょう。

まとめ

前兆を見逃さず、症状が軽いうちに対処しましょう

『パニック障害』は急に起こるため、不安になるものです。また、その発作がいつ起こるのかと考えるとさらに不安が重なって恐怖に変わっていきます。

しかし、急に重度の症状が起こるわけではなく、何かしらの前兆があることが多いです。

その前兆を見逃さず、症状が軽いうちに治療や対処をすることによって、重症化を防ぐことができます。

パニック障害は早期発見・治療が大切

重症化してしまうと治療に時間がかかってしまうため、早期発見・早期治療が大切です。

症状が軽いからと自己判断で放置せず、早めに病院を受診して、治療を受けましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
  • 連休特集

お近くの心療内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで心療内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

心療内科一覧へ!

  • デジタル診査券