【ご案内】新型コロナウイルスについて(医療機関に受診・お問い合わせを行う前にお読みください)

マスクをすると肌荒れするのはなぜ?肌を健康に保つための対策を医師が解説

マスク 肌荒れ

この記事の執筆者

長谷川佳子先生

執筆者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

2002年  福井県立藤島高等学校卒業
2002年  北里大学医学部医学科入学
2012年  北里大学医学部医学科卒業
2012年  横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年  横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年  横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年  藤沢湘南台病院 入職
2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

マスクは一年間を通じて利用することも多いものです。着用している間は常に肌と接しているため、マスクを動かしたりこすったりする刺激により、肌荒れを起こすことがあります。

今回は、マスクが肌荒れを起こす原因や、予防方法について解説します。

マスクで肌荒れする原因は?

マスクで肌が荒れる3つの原因

マスク内の温度・湿度の上昇

マスクをするとマスク内は密閉された空間になります。そのため呼吸で温度が上がり、湿度も高くなるため、肌にとっては保温・保湿効果でプラスに働きます。

しかし一方で、会話やくしゃみにより飛び散った唾液もマスク内に留まります。唾液には多くの雑菌が含まれているため、高温多湿という繁殖しやすい環境内で雑菌はさらに増えます。そして、肌荒れやニキビといった炎症を起こしやすくなるのです。

肌に摩擦が起きる

マスクをすると周りの皮膚と接触するために、肌の摩擦が起こりやすくなります。摩擦は刺激になりますので、長い時間マスクをつけたままにしていると、摩擦による刺激を多く受けてしまう状態になります。

顔をおおっている部分である頬の部分だけでなく、耳にかけるひもやゴムなども刺激となり、肌のトラブルの原因となります。

長時間マスクをつけていると、ひもをかけている耳のところに負荷がかかり、炎症やかぶれ、痛みなどを引き起こす場合もあります。

マスクの素材

一般的にマスクは不織布(ふしょくふ)という素材でできています。不織布のマスクは耳の部分の負担が少ないなどのメリットがある一方で、ごわつきがあり、硬い肌ざわりがデメリットとしてあるため、肌に合わない場合があります。

また、抗菌剤を含んでいるマスクも販売されており、抗菌剤が肌にあたることで反応して、肌荒れにつながる場合もあります。

どんな人が肌荒れを起こしやすい?

マスクを長く使用すればするほど、肌への負担がかかります。いつも着用している人は、肌荒れを起こしやすいといえるでしょう。

また、使い捨てマスクを繰り返し使うことはやめましょう。雑菌がついたままになっていますので、また肌の上にのせてしまうと肌荒れの原因になります。

繰り返し使用するタイプのものも、毎日洗濯して、清潔なものを使用するようにしましょう。

特にこんな肌の人は要注意!

「普段から乾燥を感じる」「脂っぽい肌」など、肌の調子が健康でない人は要注意です。まずはスキンケアを見直して、肌を健康に整えることから始めましょう。

マスクで肌荒れした場合の改善法

スキンケアで保湿

肌荒れを起こしてしまったら保湿を重点的に行いますが、それでも対処できない場合は皮膚科を受診するほうが安心です。肌荒れによる赤みを放っておくと色素沈着につながり、しみの原因になることもあります。

スキンケアはシンプルスキンケア(化粧水、保湿のための乳液、クリーム)を行い、肌に負担をかけないようにします。

肌に優しいマスクを選ぶ

また、耳の後ろが痛い場合に無理してマスクを着用すると炎症を起こし、膿んでしまうことがあります。

マスクのサイズを確認して、顔に合ったサイズのマスクを使用するようにしましょう。

また、ゴムひものマスクは、伸縮性があるために食い込みやすくなってしまいます。細いゴムは特に食い込みやすくなっていますので、耳の負担になりにくい不織布のタイプを選ぶほうがよいでしょう。

また、使用する前に、ひもをあらかじめ伸ばしておくといいでしょう。肌に負担が少ない医療用テープなどを貼って、直接ひもにあたらないようにしておくのも痛くなりにくい方法です。

生活習慣を整え、バランスの良い食事をする

肌を整えるには規則正しい生活やバランスのよい食事が大切です。栄養が不足すると肌荒れの原因にもなります。

肌の乾燥やニキビができやすいトラブルなどがあるときは、野菜、果物、卵、牛乳などのたんぱく質の他、ビタミンCやビタミンB群、ビタミンAなどをしっかり取り入れましょう。

ビタミンCは、果物のほかにもピーマンや芽キャベツ、ブロッコリーなどの野菜にも多く含まれています。朝昼晩の毎食時に野菜や果物を摂ることが大切なので、欠かさず摂り入れるようにしましょう。

マスクで肌荒れしないための予防法

メイクを控える

マスクで肌荒れをしないようにするためには、メイクを控えることも大切です。化粧品の中には、石油系の脂や香料といった添加物など、肌に刺激を与えるものが含まれています。

特にファンデーションなどを塗っていると、常に肌に負担がかかっている状態になります。健康な肌で特に問題がなくても、マスクをしてメイクをしていると雑菌を増やすことにつながります。

こまめに保湿ケアをする

肌が乾燥していると肌荒れの大きな原因となります。常に肌の状態を健康にするために「日ごろからこまめに化粧水をつける」「乳液で保護する」など、保湿を心がけましょう。

肌が健康の状態なら、少しの摩擦であれば影響も少なくてすみます。肌の乾燥を感じたらこまめにケアすることや、日ごろから乾燥を感じないように保湿に努めることが大切です。

肌に優しい素材を使い、清潔に保つ

肌荒れが起きている状態でマスクをどうしても使用しないといけない場合は、ガーゼで作られたマスクを使用してみましょう。

不織布のマスクに比べて、ガーゼのマスクは肌の負担を軽くしてくれるためおすすめです。

長時間マスクを着用する場合は特に肌荒れを起こしやすくなっていますので、1日ごとに新しいものに変えたり、洗濯をして繰り返し使用するなどの工夫をして清潔に保ちましょう。

また、時々マスクを外して、通気性をよくすることが大切です。その際、肌を軽くふいておくようにしましょう。

まとめ

マスクをすると肌荒れをしやすい環境になります。一度使用すると雑菌がついてしまいますので、1日に1回は新しいものに取り換える、洗濯して使うなど、衛生面に注意して使用しましょう。

また、肌触りがやわらかい素材を選ぶと悪影響を最小限にとどめることができます。肌荒れがなかなか改善しない場合は早めに病院を受診しましょう。

 

執筆者:小田原銀座クリニック 長谷川佳子 先生

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!