【ご案内】新型コロナウイルスによる院内感染対策についての情報を掲載しています

虫刺されで水ぶくれが…何の虫?対処法を解説。皮膚科へ行くべき?

虫さされ 水ぶくれ

この記事の監修者

長谷川佳子先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

2002年  福井県立藤島高等学校卒業
2002年  北里大学医学部医学科入学
2012年  北里大学医学部医学科卒業
2012年  横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年  横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年  横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年  藤沢湘南台病院 入職
2016年 小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

虫刺されはいつのまにか起こっているため、皮膚にかゆみや赤みなどの反応が表れることで初めて気づきます。

そして痛み以外に水ぶくれを引き起こすこともあり、適切な対処法を知っておきたいものです。

この記事では虫刺されによって水ぶくれができる理由と、水ぶくれができたときの対処法について解説します。

 

▼症状でお悩みの方はこちらの記事もチェック
夏の肌トラブル対策!症状に合わせたケアと予防法をご紹介

虫刺されで水ぶくれができる理由

虫刺され

虫刺されによるかゆみや水ぶくれなどの症状は、簡単にいうとアレルギー反応です

虫に刺されると、虫の唾液などの成分が人の体に入ります。

すると体は異物が入ってきたことに対して、かゆみや痛みなどのアレルギー反応を起こして体を守ろうとします。水ぶくれもその症状のひとつです。

誰にでも起こる可能性がありますが、アトピーやアレルギー体質の方だとより確率が高いと言えるでしょう。

二次感染によって水ぶくれができる場合も

アレルギー反応以外にも、かゆみで皮膚を引っ掻いたことで傷がつき、そこから細菌が侵入して水ぶくれができるケースもあります。

この場合、皮膚の炎症が虫刺されの範囲よりも広くなることがあります。

水ぶくれの原因となる虫について

何の虫に刺されると水ぶくれができるのか、説明していきます。

1.蚊

蚊

虫刺されの主な原因となる虫です。

蚊が吸血するときは「唾液腺物質」を人の皮膚に注入するため、アレルギー反応が起こります。

「即時型反応」であれば刺されてすぐ皮膚が蕁麻疹のように平たく盛り上がり、「遅延型反応」であれば翌日から同様の症状が出始めます。

2.ネコノミ

猫

ネコノミに刺されると、足首やすねにかゆみを伴う発疹がたくさんできます

蚊に刺されたときと似たような症状で、水ぶくれができることもあります。

猫や犬の体に寄生して吸血し、ノラ猫の移動とともに庭や公園などに発生します。

そこを通りかかると足元を刺されるため、素足で出かける時などは注意が必要です。

虫刺されによる水ぶくれの治し方&予防法

1.自分でできる治し方。かゆみがある時は?

手入れ

水ぶくれが破れると、細菌感染を引き起こして「とびひ(伝染性膿痂疹)」になることがあるため、つぶさないようにしましょう。

症状が軽い場合は自然に治るのを待てばOKですが、虫刺され用の市販薬を使用しても良いでしょう。

かゆみが強い場合は冷やす

保冷剤などで冷たいもので刺されたところを冷やすと、血管が収縮するため感覚が鈍り、かゆみを感じにくくなります。

絆創膏を貼る方法も

絆創膏にかゆみを緩和させる効果はありませんが、患部を保護する効果があるので、かゆみを我慢できないお子さんなどに有効です。

絆創膏によって患部が蒸れないように、通気性のある紙タイプを選ぶと良いでしょう。

2.水ぶくれが破れ、痛みや範囲が広がる場合は皮膚科へ

水ぶくれが破れて中の液体が出ると、液体がかかった部分に細菌がうつることがあります。

それによって痛みをともなったり、水ぶくれが他の部分に広がったりした場合、「とびひ」の可能性があるので早めに皮膚科を受診してください。

病院で受ける、水ぶくれの虫刺され治療について

治療

虫刺されによる赤みやかゆみなどの症状が強い場合、皮膚科ではステロイド外用薬やステロイド内服薬、抗ヒスタミン薬などが処方されます。

1週間ほどで治ることがほとんどですが、掻きむしったり免疫力が下がっていたりするともう少し長引くこともあるでしょう。

とびひの場合はステロイドを使用すると悪化することがあり、皮膚科では抗菌薬が処方されます。

水ぶくれをきれいに治すためのコツ

水ぶくれがかゆくても掻きむしってはいけません。

掻きむしると、水ぶくれが破けた後に皮膚が「びらん(ただれたような状態)」になってしまいます。

かゆみが強い場合は患部を冷やして、掻きむしらないようにしましょう。

虫刺されを予防するには?

服

黒っぽい服を避ける

ダニなどの虫は黒色に集まってくる性質があります。

そのため黒っぽい服を身に着けたり、露出が多い服を着たりするのは避けましょう。

虫除けスプレーを使用する

夏場の外出時は虫除けスプレーを使用しましょう。

特に乳幼児は、よりアレルギー反応が出やすいので虫除け対策を怠らないことが大切です。

最近は自然由来の商品もあるので、乳幼児でも安心して使用できます。

室内に虫が入らないようにする

屋内に蚊が入ってこないように網戸を閉める、就寝前には電気蚊取りを使用するなどするとよいでしょう。

 

まとめ

虫刺されによるかゆみや痛み、水ぶくれなどは、体を守るためのアレルギー反応です。

刺されたところがかゆくても掻きむしらないようにして、適切に対処することが大切です。

水ぶくれができてしまった場合はつぶさないよう注意し、細菌感染を防ぐためにも早めに皮膚科を受診しましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!

  • デジタル診査券