インフルエンザの検査はいつから受けられる?正確な診断結果が出るタイミングとは

インフルエンザ 検査 いつから

この記事の監修者

【職務経歴】
平塚共済病院
小田原銀座クリニック
久野銀座クリニック

インフルエンザの流行時期に高熱が出たら、「インフルエンザかも!?」と慌ててしまうかもしれません。「会社や学校が休みづらい」「病院に行きたいけど忙しくて何度も通えない」という人も多いのではないでしょうか。

実は、インフルエンザの検査を受けるベストタイミングは決まっています。そのタイミングのときに病院を受診すれば、検査結果が信頼しやすく、治療薬の効果も出やすいというメリットがあります。この記事では、インフルエンザの検査を受けるタイミングや、自分でチェックできる受診目安リストを掲載しています。体調がつらいときだからこそ、しっかりとした知識を活かして対処しましょう。

◆目次
1.インフルエンザ検査を受けるベストタイミング
2.インフルエンザの検査の内容と検査からわかること
3.結果別・治療内容と注意点
4.まとめ

インフルエンザ検査を受けるベストタイミング

?

1.検査を受けるタイミングの目安

検査を受けるタイミングとしては、発症してから12時間~48時間以内が望ましいといわれています。

発症から12時間後には特徴的な症状が出ていることが多いでしょう。

インフルエンザ流行時期に、以下の項目に当てはまるようであれば、病院を受診しましょう。

  • 38度以上の高熱が出ている
  • 全身に倦怠感(だるさ)がある
  • 筋肉痛がある

ほかにも、以下のような要素が当てはまる人は、より注意しましょう。

  • 咳、鼻水、のどの痛みといった症状がある
  • 急に症状があらわれた
  • 周囲にインフルエンザに感染している人が1人以上いる

2.インフルエンザではないと自己判断しない

のどの痛みや鼻水、咳など症状があり、発熱はしていない場合はインフルエンザではなく風邪の可能性もあります。

しかし、インフルエンザが発症しはじめている段階の恐れもあります。

そのため、自分で判断せずに病院を受診するようにしましょう。

もしインフルエンザだった場合、周囲の人にうつしてしまう危険性があるためです。

3.早過ぎると結果が正しく出ない

インフルエンザの検査を受けるタイミングによって、検査結果が異なる場合があります。

発熱してから12時間経過していない段階で検査を受けると、体内で増殖しているウイルスの数が少なすぎて、感染していても検査キットに反応しないためです。

検査を受けるタイミングとしては、発症してから12時間~48時間前後が最適だといわれています。

4.検査が遅すぎると薬が効きにくくなる

薬

検査を受けるタイミングが遅すぎても、体内に残っているウイルスの数が少なすぎて、検査キットに反応しないことがあります。

また、抗インフルエンザ薬は、発症から48時間以内に服用することで効果があります。

陰性の結果が出てから服用しても効果がありません。

そのため、症状が発症したタイミングで病院を受診することが大切です。

5.12~48時間以内に病院を受診できそうにないとき

症状が出はじめた時期やどのような症状があったかを記録し、医師に伝えるようにしましょう。

検査結果で陰性と出ても、患者さんから伝えられた情報を元に、感染しているかどうか診断することがあります。

インフルエンザの検査の内容と検査からわかること

検査方法は複数あります。

迅速診断キットによる検査・ウイルス分離培養検査(※1)・PCR検査(※2)などです。

迅速診断キットによる検査以外の方法は、検査結果が出るまでに時間がかかることが多く、一般的な病院ではほとんど使われていません。

※1ウイルス分離培養検査とは、患者さんの鼻、喉から採取したサンプルを増やし、それがインフルエンザウイルスかどうかを確かめる検査です。高度な検査に当たるため、実施施設が限られるほか、結果が出るまでに数日間かかります。

※2PCR検査とは、インフルエンザウイルスの遺伝子を解析する検査です。主に公的医療機関等でおこなわれる検査です。

1.迅速診断キットによる検査

マスクの女性

検査方法

綿棒のような細い棒で鼻の奥やのどの奥をこすり、サンプルを採取します。

サンプルの組織や分泌物を検査キットで調べることで、陽性か陰性か(インフルエンザにかかっているかいないか)の判定を行います。

検査にかかる時間と結果

15~30分程度です。

そのため、すぐに結果がわかります。

費用

初診の場合、検査を含んだ費用は、3割負担で1,7 00円程度となります。

注意点

検査のときに、鼻の奥に強い痛みを感じることがあります。

また、ウイルスの量があまりにも少ない場合には感染していても陰性と判定されてしまうことがあるため、検査結果だけでは感染しているのか判断できない場合もあります。

2.検査結果からわかること

ウイルス

ウイルスの数によって、陽性か陰性か判定がでます。

陽性:インフルエンザに感染している

陰性:(検査結果上は)インフルエンザには感染していないとなります。

しかし、陰性と判定が出ても、必ずしも感染していないとは判断できません。

発症から12~48時間以内の検査でない場合、ウイルスの数が少ない場合が考えられるためです。

検査では陰性と出ても医師がインフルエンザを疑う条件がそろっていれば、症状や発熱したタイミングとあわせて診断を行います。

このとき、患者さんが発症時期や症状を記録したものがあると、医師の診断の助けになります。

結果別・治療内容と注意点

1.結果が陽性の場合の治療・注意点

治療

検査結果が陽性の場合は、抗インフルエンザ薬が処方されます。

抗インフルエンザ薬は発症してから12時間~48時間の間に服用しないと効果がありません。

そのため、陽性の検査結果が出たタイミングがちょうど服用するタイミングとなります。

注意点

  • 医師の指示通りに薬を飲む
  • 自己判断で市販の解熱剤を飲まない
  • 水分補給をする、十分な睡眠を取る、休養する
  • 痙攣やおかしな言動をするといった意識障害がある場合は、急いで病院を受診する
  • 免疫力の弱い子どもや高齢者は安静にし、脱水に気をつける

治るまでの期間

一般的に、5日ほどで治ります。

2.結果が陰性の場合の治療・対処方法

診断書を書く医師

検査結果が陰性の場合は、抗インフルエンザ薬を服用しても効果が得られないため、処方されません。

しかし、結果によらず総合的な判断をした上で、処方されることもあります。

また、結果が陰性でも、そのほかの症状からインフルエンザであると判断されれば、インフルエンザの診断書を発行してもらえます。

対処法

  • 高熱だったり大量に汗をかいたりしていたら、脱水症状予防のために水分補給をする
  • 十分な睡眠を取り、安静にする

インフルエンザではない場合、風邪症候群であることがほとんどです。

一般に「風邪」と言われる症状に似ています。

発熱、鼻水、咳、の園痛み、扁桃腺の腫れといった症状が見られます。

まとめ

問診票

インフルエンザの検査を行うタイミングは、発症してから12時間~48時間が最も適しているといわれています。

しかし、必ずしもこのタイミングで病院を受診できるとは限りません。

そのような場合は、いつごろから症状があらわれたのかを記録しておきましょう。

病院を受診した際に医師に伝えることで、検査結果が陰性だとしてもインフルエンザの診断をするための材料になります。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):