【ご案内】新型コロナウイルスによる院内感染対策についての情報を掲載しています

生理の血が少ない…過少月経の症状チェック!原因は?妊娠へ影響する?

過少月経

この記事の監修者

石野博嗣先生

監修者

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局
日本医科大学付属病院
産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院
(現 横須賀市立うわまち病院)
産婦人科
2002年 東京都保健医療公社
東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院
女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院
女性診療科・産科 助手

現在は石野医院の副院長

専門は漢方(東洋医学)、産婦人科

患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。
診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。

『過少月経』とは、生理時の経血量が正常より少ない状態のことです。
生理用ナプキンを取り替える必要がない場合、過少月経の可能性が高いといえます。原因は、無排卵を起こしていることやホルモンバランスの乱れ、子宮の奇形などが考えられます。
この記事では過少月経の症状セルフチェックや原因、治療などについてくわしく解説します。

過少月経とは?症状セルフチェックも!

まずは、過少月経とはどんな状態のことか、どのような症状があれば過少月経が疑われるかについて解説します。

1. 過少月経ってなに?

はてなマーク

過少月経は、生理の血の量が少ない状態

過少月経とは、生理で出血する血液量が正常よりも少ない状態のことです。

また、月経が2日以内に終わってしまう『過短月経』と併発することが多いとされています。

生理時の出血量が20ml以下

1回の生理での経血は20〜140mlが正常だとされていますが、20mlより少ない経血であれば過少月経と診断されます。

20ml以下というと、おりもと同様の量であるため、生理用ナプキンを取り替える必要がないレベルです。

2.過少月経の症状チェック

症状のチェック

下記のような症状があれば、過少月経が疑われます。生理の量が少ないかも…と思う人はチェックしてみましょう。

  • 生理時はナプキンが必要ないくらいの経血しか出ない
  • 経血量が多い日でも、丸1日ナプキンを変える必要がない
  • 経血量が少ないのに腹痛などの生理痛をともなう
  • 月経による出血が2日以内で終わってしまう

過少月経の原因は?更年期や10代に多いの?

続いて、過少月経の原因と、なりやすい年代について解説します。

1.過少月経の原因について

ハートと女性

『無排卵月経』を起こしている

『無排卵月経』とは、月経時に排卵していない状態のことです。

無排卵月経には原因がいくつか考えられますが、卵巣機能の異常などがおもとされています。検査や適切な治療が必要です。

『アッシャーマン症候群』の後遺症

『アッシャーマン症候群』の後遺症として過少月経になることもあります。

頻回の子宮内膜掻爬術により子宮内がくっついてしまう症候群です。月経が来なくなったり、不妊症の原因や過少月経になったりすることがあります。

子宮が正しく発育していない場合

病気ではありませんが、子宮が正しく発育していない場合にも過少月経が考えられます。

女性ホルモンが不足していたり、生まれつき子宮の奇形などがあったりすると、子宮に発育不全が起きることがあります。

ストレスや体調不良による、ホルモンバランスの乱れ

病気が潜んでいなくても、ホルモンバランスの乱れによって過少月経になることもあります。

体調不良・ストレス・過度のダイエット・疲労などでホルモンバランスは簡単に崩れてしまいます。

ホルモンバランスの乱れによって過少月経を引き起こしている場合、治療をおこなわずに放っておくと、月経不順や無排卵月経などを起こすことがあるので注意が必要です。

2.更年期や10代は過少月経になりやすい?

年代ごとの女性のイメージ

更年期や10代の時期は、ホルモンバランスが崩れやすく、それにより過少月経になることがあります。

しかし、数ヶ月にわたって過少月経が続いている場合には病気の可能性のあるため、病院で検査を受ける必要があります。

10代で1ヶ月だけといった、単発的なものであれば経過観察でも構わないでしょう。

3.過少月経が原因で、不妊になる?

病気が関係しているかにもよります

過少月経の原因で不妊になるかどうかは、病気が関係しているかにもよります。

ホルモンバランスを整えることで症状が治るようであれば、とくに心配はないでしょう。

放置した場合は不妊症を起こすことも…

何らかの病気が潜んでいた場合、適切に治療されなければ不妊症になる可能性がないとは言い切れません。

また、過少月経を放置して、月経のない『無月経』になってしまうと、不妊症になることもあります。

数ヶ月にわたって過少月経が続く場合は一度、『産婦人科』または『婦人科』を受診しましょう。

過少月経の治療法について

最後に、過少月経で治療をする必要があるのはどんなケースか、病院でおこなう治療法について解説します。

1.治療したほうが良いのはどんな症状?

医師

過少月経が数ヶ月にわたっている

過少月経が数ヶ月にわたり、経血量が異常に少ないと感じる場合は早めに受診しましょう。

とくに10代はホルモンバランスが崩れやすく、過少月経の症状が一時的に見られることもあります。数ヶ月続いている場合は、体に何かしらの異常があると考えて良いでしょう。

経血量があまりに減少した場合

毎月とくらべて少し経血量が少ないくらいなら問題ありませんが、驚くほどの変化があった場合には、数ヶ月続いていなくても病院を受診してみると良いでしょう。

2.病院でおこなわれる過少月経の治療法

病院の治療のイメージ

まずは、病気がないかを調べる

過少月経の場合、まずは原因となっている病気がないかを調べる必要があります。

原因となる病気があれば、その治療をおこなっていきます。

ホルモンバランスが原因の場合

ホルモンバランスが原因である場合は、排卵があるかどうかを確認します。

排卵があればいったん経過観察をすることもあるでしょう。

ホルモンバランスを整える必要があれば、「低用量ピル」や「漢方薬」の服用をおこなっていきます。

『無排卵月経』を起こしている場合

排卵がない『無排卵月経』を起こしている場合は、排卵誘発剤などを使用して正常な生理周期を取り戻させ、過少月経を治す必要があります。

また、生活習慣の見直しや体質改善によって、過少月経が治ることもあるでしょう。

3.ふだんの生活で気をつけること

お風呂に入ってリラックスする女性

生活習慣が原因でホルモンバランスが乱れ、過少月経になっていることも多いです。

忙しすぎる毎日やストレスによる負担は、どうしても体に影響が出やすくなります。日ごろから休養日やリラックスできる時間を持つことも大切です。

どんなリラックス方法が合うかは人それぞれですが、スポーツやストレッチ、本を読む、ハーブティーを飲むなど、リラックスできる方法を見つけられると良いですね。

まとめ

過少月経は、体に何かしらの病気や原因が潜んでいることもあります。

数ヶ月そうした状態が続く場合は、早めに病院で検査・診断を受け、適切な治療を受けましょう。放置していると、いずれ『不妊症』になる可能性がないとは言い切れません。

また、日ごろからなるべく心身の負担を少なくして、ホルモンのバランスを整えることも大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
  • 連休特集

お近くの婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

婦人科一覧へ!

  • デジタル診査券