【ご案内】新型コロナウイルスによる院内感染対策についての情報を掲載しています

妊婦が溶連菌に感染すると胎児への影響も。治療法は?帝王切開が必要?

溶連菌 妊婦

この記事の監修者

石野博嗣先生

監修者

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局
日本医科大学付属病院
産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院
(現 横須賀市立うわまち病院)
産婦人科
2002年 東京都保健医療公社
東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院
女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院
女性診療科・産科 助手

現在は石野医院の副院長

専門は漢方(東洋医学)、産婦人科

患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。
診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。

溶連菌感染症は、子どもにかかることが多いですが、大人も感染します。

特に、妊婦が感染した場合は、出産時赤ちゃんへうつってしまうこともあるため要注意です。

 

この記事では、溶連菌に妊婦が感染した時の赤ちゃんへの影響、対処方法についてご紹介します。

妊婦が溶連菌に感染したら、胎児への影響は?

1.溶連菌はA群、B群などに分けられる

ばい菌

「溶連菌」は、溶血性連鎖球菌という細菌で、抗原性(抗体の性質)の違いによって、A群またはB群などに分けられます。

2.A群溶血性連鎖球菌に妊婦が感染したら

感染している可能性があればなるべく早く受診を

子供

溶連菌感染症のほとんどがA群によるものです。

A群溶血性連鎖球菌が原因となる溶連菌感染症は、乳児や就学時など、5歳未満での発症がもっとも多いといわれていますが、免疫力が弱まっている高齢者や、妊婦にも感染する可能性があります。

妊婦が感染すると最悪の場合、赤ちゃんや母体に危険が及ぶ可能性があります。

そのため、A群溶血性連鎖球菌に感染している子供に接触した後、妊婦も発熱やのどの痛みがあればすぐに内科や産婦人科に相談し、診察を受けるようにしましょう。

妊娠中に服用しても問題ない薬を処方してもらい、治療を進めていきます。

3.B群溶血性連鎖球菌に妊婦が感染したら

赤ちゃんに重大な病気を引き起こすことも

赤ちゃん

妊婦が特に注意しなければならないのは、B群溶血性連鎖球菌(GBS)です。

出産時にB群連鎖球菌に母親が感染している場合、それが赤ちゃんにも感染すると、赤ちゃんに重大な病気を引き起こすことがあります。

妊婦健診の検査でわかる

妊婦健診

B群連鎖球菌は、女性の場合であれば膣や肛門周辺にいる常在菌の一種です。とくに症状もないため、妊婦健診で検査を受けることで感染が判明することがほとんどです。

妊婦自身に悪さをすることはありませんが、出産までに治療をしないでいると、出産の時に産道を通る赤ちゃんに感染し(産道感染)、新生児の髄膜炎や敗血症など重大な病気を引き起こすので注意が必要です。

4.どのように胎児へ感染するの?

新生児GBS感染症とは

赤ちゃん

胎児への感染経路としては、産道を通るときの垂直感染がほとんどです。

赤ちゃんが溶連菌感染症になることを、『新生児GBS感染症』といいます。

赤ちゃんが新生児GBS感染症にかかると、呼吸困難や髄膜炎、肺炎などの重篤な病気になるなど、重症化して命にかかわることがあります。

妊婦の溶連菌検査と帝王切開の必要性について

1.溶連菌の検査方法

妊婦健診のB群溶血性連鎖球菌の検査は、綿棒でおりものを採取して行います。1週間後に検査結果がわかります。

2.検査の実施時期

点滴

検査は、妊娠中期と後期に行います。

妊娠中期(24週~35週)の妊婦健診のときに、1回目の検査をします。ですがここで陽性反応が出てもすぐに治療は行いません。治療しても、再度感染する可能性があるからです。

妊娠後期に再度検査を行い、B群溶連菌に感染していると確認されれば、分娩時に抗生物質を点滴することで治療を行います。これによって、赤ちゃんへの感染をほぼ防ぐことができます。

3.帝王切開は必要?分娩時の感染予防について

溶連菌に感染したからといって、帝王切開になるわけではありません。

分娩時に感染を予防する処置がとられます。

赤ちゃんの産道感染を防ぐために、分娩時にペニシリンなどの抗菌薬の点滴注射をしながら、経膣分娩を行います。経腟分娩の途中で帝王切開分娩に切り替えた場合も、感染予防の治療をします。

予定帝王切開分娩の場合は、赤ちゃんが産道に入ることはないため感染しません。

また、溶連菌感染そのものは、妊婦自身には影響はありません。

妊娠中の溶連菌予防について

妊婦 食事

妊娠中は、免疫力を低下させないようにすることが大切です。

特にB群の溶連菌については、体内にいる常在菌なのでいつも悪さをするわけではないのですが、妊婦の場合、免疫力が落ちやすく、自浄作用が低下してしまうことから、細菌感染しやすい状態になってしまいます。

十分な睡眠とバランスのとれた栄養のある食事を三食しっかりとり、できるだけストレスをためず、規則正しく生活することが大切です。

まとめ

妊婦の溶連菌感染において、特に心配なのは、B群溶血性連鎖球菌です。

感染したことに気づかないままお産をすると、赤ちゃんに感染して新生児GBS感染症にかかる可能性があります。

赤ちゃんが呼吸困難になったり、髄膜炎、肺炎などの重大な病気になったりと、命にかかわることもありますので、産婦人科で妊婦健診を必ず受け、検査をきちんと行うことが大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの産婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで産婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

産婦人科一覧へ!

  • デジタル診査券