花粉症による熱は何度?風邪との違いを解説!解熱剤は飲んで良い?

花粉症 熱

この記事の監修者

監修者

しらはた胃腸肛門クリニック横浜

院長:白畑敦 先生

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月   横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
平成29年11月  しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

花粉症、というと『鼻水』や『くしゃみ』『目のかゆみ』といった症状の印象が強いですが、『発熱』を引き起こすこともあります。

この記事では、花粉症によって発熱が起こるしくみや何度くらい出るのか、市販の解熱剤は飲んでも良い?などの対処法を解説します。

花粉症で、熱が出ることも!?

花粉症の主な症状は、くしゃみや鼻みず、鼻づまり、目のかゆみ、涙、充血などです。

その他、熱っぽい感じがする、のどや皮膚のかゆみ、下痢などの症状があらわれることもあります。

1.なぜ花粉症で熱がでるの?

花粉症 熱

鼻の炎症で、脳が軽い酸欠状態に!

花粉症で熱が出る原因のひとつは『アレルギー性鼻炎』により、鼻が炎症状態にあることです。

鼻に炎症が生じている状態だと、脳に酸素が送られにくくなって、軽い酸欠状態に近くなります。

それにより、体温や血流の調整をする『自律神経』のはたらきが乱れて、発熱や頭痛が生じます。

体が免疫力を上げようとして発熱することもある

また、体が花粉を異物とみなし、体外に排泄しようとする『防御反応』が原因で発熱することもあります。

花粉症を発症していると、数ヶ月間不快な症状が続くため、体力を消耗し、免疫力が低下してしまいます。

そこで体は体温を上げることで免疫力を高めようとして、発熱を引き起こしてしまうのです。

2.何度くらいの熱が出る?

発熱

花粉症が原因で発熱する場合は、37度台の微熱が続くことが多いです。

38度以上の高い熱が出ることはほとんどありません。

風邪の熱と、花粉症の熱はどう違う?

1.風邪による熱と、花粉症による熱の見分けかた

風邪と花粉症

花粉症の方がシーズン中に風邪を引いた場合、風邪と花粉の両方か、どちらか一方の症状が出ます

鼻水の他に咳や痰、喉の痛みがみられたら、風邪の可能性が高いでしょう。

他の症状にも注目!

花粉症の時期に、くしゃみや鼻づまり、目のかゆみとともに熱が出る場合は、花粉症が原因の発熱である可能性が高いです。

特に目のかゆみは風邪の症状として出ることはありません。

また、先に解説したように、花粉症による熱の場合は、あまり高い熱が出ないことも特徴です。

花粉症の鼻水はさらさらしている

花粉症による鼻水は、透明でさらさらしています。これに対して、風邪による鼻水は、白から黄色の粘り気のある鼻水であることが多いです。

2.花粉症でも咳やのどの痛みが生じることがある

風邪

花粉症で目や鼻の症状を自覚していなくても、咳やのどの痛みが生じることがあります。

のどに鼻水が流れ込むと、『痰』となり、痰が出ることで咳が出て、さらに咳が続いてのどが痛くなる…ということも珍しくありません。

また、咳が続くとのどが痛くなる他、口呼吸になって、乾燥した空気が直接気道の粘膜に触れることでのどを痛め、発熱を引き起こすこともあります。

花粉症で熱が出たときの対処法

1.基本的には、病院の受診がおすすめ

受診

花粉症で発熱したら、病院を受診することをおすすめします。

病院を受診することで、症状に合わせた治療薬を処方してもらうことができます。

2.市販の解熱剤を飲んでも良い?

薬

市販の解熱剤を服用することで一時的に症状が緩和されるケースもありますが、花粉症の症状自体が治まらなければ、再度症状があらわれる可能性が高いです。

そのため風邪とアレルギー症状が同時に発症している場合、どちらかといえば「抗アレルギー薬」を服用して花粉の症状を抑えるのが先です

ただし高熱が出ていたり、微熱が日中の活動に支障をきたしたりする場合は、解熱剤を服用しても良いでしょう。

市販薬を服用しても、改善が見られなければ病院を受診することをおすすめします。

3.花粉症の熱が続く期間

風邪

花粉の飛散が多い1~4月頃に体全体が熱っぽい状態が続くことが多いです。

ただし、花粉が飛散しているのは春だけに限ったことではありません。

自分のアレルゲンとなる植物の花粉がいつ頃飛散するかによって、症状が出る期間は異なります。

4.外出時&自宅でできる花粉症対策

外出時は、メガネやマスクを着用

予防

外出するときは、メガネやマスクを着けて、鼻や目に入る花粉の量を減らしましょう。

それぞれ花粉症用の商品も販売されているので、使い勝手の良いものを選ぶと良いですね。

コンタクトレンズやウールの服はなるべく避ける

コンタクトレンズ

コンタクトレンズを使用している人は、メガネに変えることをおすすめします。

コンタクトレンズと目の『結膜』との間に、花粉が入ってこすれ、目のかゆみを引き起こすことがあります。

また、羊毛類(ウール)の衣類は、花粉が付着しやすいのでなるべく避けるようにしましょう。

外から帰ったら、手洗い、うがい、洗顔を!

手洗い

外から帰ったら、まず上着を玄関ではたいてください。

そして、手洗い、うがい、洗顔まで行いましょう。家の中に極力花粉を持ち込まないようにすることが大切です。

花粉の多い日は窓を開けず、部屋干しがおすすめ

洗濯物

花粉の飛散が多い日は、窓を開けないようにしましょう。

また、洗濯物や布団もできるだけ外には干さないようにして、部屋干しにすることをおすすめします。

生活習慣の見直しも。たばこは粘膜を傷つけやすい

タバコ

たばこは鼻や喉などの粘膜を傷つけやすいので、花粉症の時期はできるだけ控えてください。

規則正しい生活を送り、ストレスを溜めないようにすることも大切です。

まとめ

花粉症で、鼻や目の症状以外に『発熱』がみられることもあります。高熱が出ることは少なく、微熱が続くことがほとんどです。

風邪と症状が似ているため、間違いやすいですが、花粉が飛散している時期に、他の花粉症の症状と同時に微熱が出始めたら、花粉症による発熱を疑いましょう。

いずれにしても早めに病院を受診し、治療を受けることが大切です。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くのアレルギー科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くでアレルギー科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

アレルギー科一覧へ!