婦人科検診の内容とメリットを紹介!生理中でもOK?痛みはある…?

婦人科検診

この記事の監修者

石野博嗣先生

監修者

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局
日本医科大学付属病院
産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院
(現 横須賀市立うわまち病院)
産婦人科
2002年 東京都保健医療公社
東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院
女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院
女性診療科・産科 助手

現在は石野医院の副院長

専門は漢方(東洋医学)、産婦人科

患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。
診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。

婦人科検診は女性にとって大切な検査です。

自覚症状のない婦人病も早期発見できるので、女性なら誰でも受けておきたいものです。

しかし実際に受けてみないと検査内容の想像がつかず、不安でなかなか踏み切れない人も多いのではと思います。

そこでこの記事では婦人科検診の内容やメリット、注意点などをご紹介します。

婦人科検診の基本

1.検診でわかる病気

子宮

婦人科検診とは、子宮筋腫や子宮頸がん、子宮体がん、乳がんなど、女性特有の器官に現れる病気の検診です。

主に子宮頸がんや子宮体がんなど、自覚症状がない早期の段階でも発見が可能になります。

2.検診方法

病院によってさまざまですが、大きく分けて以下が挙げられます。

この他にも、血液検査や尿検査、性感染症検査やストレスチェックなどをする場合があります。

問診

問診

検査に入る前に渡される問診票に、次のような情報を記入します。

  • ・自覚症状の有無
  • ・生理の状態
  • ・妊娠歴
  • ・出産歴
  • ・これまでにかかったことのある病気

これをもとに、医師からさらに詳しい質問を受けます。

視診

外陰部の状態やおりもの性状、子宮頸部の状態を目でみて確認します。腟の方から見ると奥の突き当たりに頸部の一部が見えるので、膣鏡を挿入して視診します。

内診

内診

膣から指を入れ、子宮や卵巣を触診し、形・大きさ・位置・表面の状態・炎症の有無などを医師が確認します。

基本的に痛みはありませんが、緊張で力が入りすぎていたり性交渉の経験がなかったりすると、痛みを感じることもあります。

子宮頸がん検診

膣から膣鏡を挿入し、子宮頚部にある細胞を採取してがんの有無をしらべます。

子宮頚がんはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染によって生じるため、性交渉の経験がない場合は発症のリスクがほとんどないとされています。

とはいえ可能性はゼロではないため、検診を受けておいて損はないでしょう。

子宮体がん検診

子宮頸部よりさらに奥にある、子宮内膜組織を採取してがんの有無をしらべます。

子宮頸がん、子宮体がんともに、大きな痛みは伴いませんが、検査後少量の出血がある場合があります。

経膣超音波検診

公費以外の検診(人間ドックなど)を受ける場合、経膣超音波検診を行うこともあります。子宮や卵巣など、付属器の異常や病気を超音波で調べます。エコーを膣内に挿入し、子宮・卵巣をモニターに映し出します。

痛みはなく、子宮の中の様子や卵巣の様子を観察でき、腫瘍や筋腫、嚢腫などの有無がわかります。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィー

器具で乳房を薄く平らに挟み、乳房全体を乳房専用のX線で撮影し、乳がんの初期の兆候である小さな影や石灰化がないかを確認する検査で、乳がんの有無がわかります。

乳房を挟むときに、痛みが生じる方もいます。

乳腺超音波検診

超音波

乳房に超音波を当てて、内部の乳腺の状態を確認します。マンモグラフィでは判別ができなかった数mmの小さな腫瘤などを詳しく調べられ、乳がんの有無がわかります。痛みはありません。

3.検査結果について

2~3週間後にわかることが多いです。

検査結果は病院で聞く場合も、郵送される場合もあります。病気が判明すれば、より精密な検査を行なったり、治療をしていきます。

4.費用はどのくらい?

医療機関によって受ける内容が異なります。会社や自治体によって補助が出ることもあるので問い合わせてみましょう。

2.婦人科検診に関するよくあるQ&A

1. 婦人科検診のメリットは?

?

婦人科検診を受ける最大のメリットは、婦人病の早期発見と早期治療が実現する点です。

また公費検査であれば、費用がさほどかからないこともメリットと言えるでしょう。対象者は、その地区に住民登録があり、健康保険に加入している一定年齢以上の女性です。検査は無料のものもあれば、一部負担するものもあります。

検査自体は数分で終わるものばかりなので、不安に思う必要もありません。

20歳以上の女性は、年に1回検診を受けることをおすすめします。

2. 生理中でも検診を受けられる?

禁止

基本的に生理中や直後の検診はすすめられません。

その理由としては、次のような影響が出て検査の質が下がることが挙げられます。

  • 大量の経血により十分な細胞量が摂取できない
  • 細胞が出血の影響を受ける

子宮体がんのような検査では、出血により検査の質が落ちてしまいます。血液が媒体に混入すると判定が難しくなります。

信頼性の高い検査をするためにも、月経周期を考慮して受診時期を調整しましょう。

3. 検診前に避けるべきことは?

性交渉

検診前は、性交渉や膣洗浄を避けましょう。検査結果が不正確になることがあるため、特に規定はありませんが、3日ほど前から避けた方が望ましいといえます。

4. どんな服装で行けばいい?

フレアスカートが望ましい

内診台に上がる時は下着を脱ぐため、ゆったりとした丈の長いフレアスカートなどが望ましいでしょう。

着脱の手間がかかるものは避ける

ストッキングやロングブーツなど、着脱に時間のかかるものは手間になるためあまりおすすめできません。

またズボンの場合は、スカートのように着用したまま検診することができず、ズボンごと脱がなくてはならないため注意が必要です。

ワンピースよりも上下別々の服が良い

乳がん検診では上半身の服を脱ぐことになるため、ワンピースなど上下がつながった服よりも分かれているものがおすすめです。

着脱が楽な前開きの服だとなお良いでしょう。

基本的には脱ぎやすい服ならOK

基本的に検診時は、上下が分かれていて着脱が簡単な服を選べばOKです。

仕事後に受診する場合などは、注意して服装を選びましょう。

まとめ

婦人科検診の内容は、実際に受けてみるまで想像しにくいものです。

はじめて受ける方にとっては何かと不安も多いと思いますが、検査について事前に少しでも知っておくと安心して受診できます。

婦人病は早期発見と早期治療がとても重要なので、20歳以上の女性は年に1回検査を受けるようにしましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの産婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで産婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

産婦人科一覧へ!