足の小指の爪トラブル、割れ・剥がれ・変形…原因は?治すには?

足 小指 爪

この記事の監修者

長谷川佳子先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

足の外側にある小指は、ぶつけやすいところです。家具の角にぶつけたり、ひっかけてしまうことで爪が剥がれたり、二枚爪になってしまったりすることもあります。

この記事では、足の小指の爪トラブルの原因や、爪が剥がれた時の治し方や、対処方法についてご紹介します。

足の小指の爪トラブル…原因は?

足の指が痛い

1.血流の悪さや外部からの刺激

足の小指の爪は、血流が悪くなりやすく、ぶつけてしまうなど刺激を受けやすい場所です。
そのため、栄養分が行き届きにくく、栄養が不足しやすい状態となり、割れたり、二枚爪になったりすることがあります。

靴との摩擦も起きやすく、小指が靴にあたってしまったり、靴で圧迫されたりすることにより、トラブルが起きると治りにくいといえます。

靴の摩擦で、小指の皮膚が硬くなると、爪に圧力がかかります。そうなると、小指の爪に柔軟性がなくなるので、割れる原因 になります。

2.病気が原因の爪トラブル

爪の各部位の名称

爪甲層状分裂症(そうこうそうじょうぶんれつしょう)

爪甲層状分裂症とは、爪の先端が雲母を剥がすように裂けてくる状態です。
若い女性に多く見られ、マニキュアやジェルネイルなどが原因と考えられています。

爪甲層状分裂症の原因の一つは、乾燥です。

ネイルは、爪を削ったり、除光液を使用したりします。そうすると、爪が乾燥しやすくなり、爪甲層状分裂症になりやすくなるのです。

爪甲縦裂症(そうこうじゅうれつしょう)

爪が縦方向に割れやすくなる状態です。

外見上見た目が老化する「老人性変化 」や、甲状腺機能障害、マニキュア、凍瘡などの皮膚疾患 に伴って起こるものもあります。

爪甲下角質増殖症(そうこうかかくしつぞうしょくしょう)

爪の下面が接している皮膚(爪床)から押し上げられた爪(爪甲)が極度に厚くなった状態です。

爪の先端の異常や、肌の表面が未熟で、乾燥しやすかったり、化粧品がしみやすかったりと敏感になる「不全角化 」から起こる爪の病気です。

爪床と爪甲の間にもろくなった爪が、粉のような角質の塊となって充満しています。

通常、爪の水虫や、指先の湿疹、乾癬などの皮膚病によって起こる変化ですが、まれに先天性や遺伝性によって起こることもあります。

爪甲下角質増殖症は、爪と皮膚の隙間にカンジダというカビの一種が感染して起こる「爪甲剥離症(そうこうはくりしょう) 」や、スプーンネイルとも言われている「さじ型爪甲」(指の形に沿わないで、反り返ったような形になる)などの他の病気と合併して起こることが多い病気です。

単独の病気としてあらわれることは少ないと考えられています。

足の小指の爪のトラブルの治し方

足の指の爪を切る

1.自然に治る?

爪が生えてくるところから、きれいに生えてくれば自然に治ります。

爪のトラブルの原因が、外傷や爪を圧迫したことにあれば、問題となる原因を排除することで治せます。
しかし、遺伝である場合は、自然に割れた状態で生えてくることがあるため、自然に治ることは難しいといえます。

2.自分でできる対処法

爪はつねに短く保つ

爪が長く伸びていると、皮膚から離れたところが割れやすくなってきます。
割れてしまうと、そこから亀裂がさらに広がってしまうこともあります。

爪の乾燥対策をしっかりと

爪は乾燥していると割れやすくなります。
クリームや爪専用のオイルなど、保湿剤をこまめに使用して乾燥しないように注意しましょう。

足に合った靴を履く

靴の摩擦や圧迫も足の小指のトラブルの原因となります。
足に合った靴を履き、爪を圧迫しないようにサイズに合った靴を選ぶようにしましょう。

無理なダイエットは控え、バランスの良い食事をとる

爪を健康に保つためには、爪に栄養を十分与えられるような、バランスの良い食事が大切です。
無理なダイエットをすると爪がもろくなる原因となります。

特に、健康な爪のもととなる肉や魚、卵、大豆製品などたんぱく質を多く含む食品を積極的に食事に取り入れることが大切です。

3.病院で受ける治療

女性医師 治療

何科にかかればいい?

爪に問題がある場合は、皮膚科や形成外科を受診すると良いでしょう。
病院を受診することで何が原因かがわかり、治療方法も明確になります。

外的な刺激が原因の場合

原因が足の小指をぶつけたことだったり、靴の摩擦や圧迫にあったりするなら、怪我の治療を行ったり、足に合わない靴を履くのをやめて、きれいな爪が伸びてくるのを待ちます。

炎症を起こしている場合は、感染を防ぐための抗生剤などの内服薬が処方されることもあります。

水虫が原因の場合

水虫が原因である場合は、水虫を治すための外用薬や内服薬が処方されます。

糖尿病など内科疾患が原因の場合

糖尿病などの内科疾患が原因の場合、病気の治療が必要になります。
思い当たる病気があれば、内科を受診してみましょう。

再発を防ぐためには予防が大切

いずれの原因にしても、治療を途中でやめたり、爪に栄養がいきわたらなかったりすると、再発してしまいます。

再発しないように日ごろから爪の保湿と保護、そしてバランスの良い食事を心がけるなど、予防が大切です。

爪の再生にかかる期間と、治るまで注意すること

足の爪を保護する

ここでは、爪の再生にかかる期間と治るまでの注意点をお伝えします。

足の爪が再生するまでには1か月~1年かかる

足の爪は、手の爪と比較しても、伸びるまでに時間がかかります。
爪が再生するまでには最低でも1か月以上かかります。長い場合は1年ぐらいかかることもあります。

その人の体質や、糖尿病などの基礎疾患の有無も関係してきます。

治るまで注意すること

爪が治るまでは、きれいで健康な爪が伸びてくるように十分注意が必要です。

爪が割れた際に、そのまま放っておいたり、気づかなかったりすると、靴下やズボンを履いたりする際に、爪がひっかかって剥がれてしまうこともあります。
そんなときは、剥がれている箇所を切りましょう。

割れたところはマニキュアで保護

マニキュアを塗る女性

ただし割れてしまったときは、切っただけでは割れた状態のまま伸びてしまいます。

乾燥を防ぐために、クリームやオイルで保湿に努めましょう。

割れたところは、マニキュアで使う下地のベースコートなどを塗ると、割れている所が塞がれ靴下や洋服にひっかかりにくくなります。

爪がひっかかると、きれいな爪が生えにくくなるので、日ごろから爪の保護を心がけましょう。

まとめ

足の爪は、手の爪に比べて伸びるのがゆっくりで、一度爪が割れてしまうと治るまでに時間がかかります。

足の小指の爪が割れた時は、いろいろな原因が考えられるので、痛みがあり、日常生活に影響が出るようであれば、病院を受診することをおすすめします。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!