【ご案内】新型コロナウイルスについて(医療機関に受診・お問い合わせを行う前にお読みください)

眼科医が教える「目の腫れ」の対処法とは?かゆみや痛みがある場合の対策も伝授

目_腫れ

この記事の執筆者

山内明子先生

執筆者

田町三田やまうち眼科

院長:山内明子 先生

東京医科大学眼科入局
2015年 田町三田やまうち眼科開業
安心して診療を受けることができるよう、環境を整えることに尽力。
丁寧な説明を心掛け、地域に根ざすクリニックをつくりあげていく。

目がかゆいとき、意識していないのに「知らず知らずのうちに目をこすってしまい、目が腫れている」ということはありませんか?

目が腫れるというのは珍しいことではありませんが、場合によっては病気が隠れていることもあります。

目が腫れるときは目がかゆいという症状があるだけではなく、痛みも伴うことがあります。目を洗ってかゆみがとれ、自然に腫れがおさまれば問題はありません。

しかし、かゆみがおさまっても、目がパンパンに腫れているときは注意が必要です。

また、かゆみや痛みがないのに目が腫れることもあり、目の腫れにはさまざまなケースがあります。

目の腫れの原因と対処法などについて紹介していきます。

目が腫れる原因

かゆみを伴う場合

空気の乾燥、まばたきの減少

エアコンなどの空調によって部屋の中が乾燥したり、パソコンやスマホなどを長時間使用したりすると、まばたきが少なくなり目に負担がかかってしまいます。その結果、ドライアイのような症状となり、涙が少なくなることでかゆみが起こります。

自律神経の乱れ

何らかのストレスによって自律神経の働きが悪くなると、涙の分泌が少なくなり目にかゆみが起こります。

コンタクトレンズの誤った使い方

コンタクトレンズを使用するときに、手をきれいにしない、レンズが汚れている、決まった時間よりも長時間の使用をする、レンズの使用期間が過ぎているなど、適切な使用ができないことで、かゆみが起こります。

目に雑菌が溜まり炎症が起きるため、かゆみがもたらされるのです。

アレルギー反応

花粉やハウスダスト、粉塵、動物などによってアレルギー反応が起き、目にかゆみを伴うこともあります。花粉は種類によって飛散の時期が異なりますが、ハウスダストは季節に左右されることなく存在しています。そのため、ハウスダストの場合は年中アレルギー反応を起こす可能性があります。

また、細菌やウイルスの感染による結膜炎や麦粒腫なども、目にかゆみを起こさせる原因となります。

痛みを伴う場合

まつ毛などの毛根に細菌が感染することで、「ものもらい」といわれる麦粒腫(ばくりゅうしゅ)や霰粒腫(さんりゅうしゅ)などを発症することがあります。

症状としては、ごろごろとした異物が入った感じや痛み、赤みや腫れなどの炎症を起こす場合があります。

腫れだけがある場合

余分な水分がたまる

目の周辺に余分な水分がたまり、目が腫れてしまうことがあります。特に、血液やリンパの流れが滞るうつぶせの姿勢で眠ると、目の周辺に水分がたまりやすいです。

涙を流す

悲しいことやうれしいことなどがあって、涙をたくさん流したときも目が腫れやすくなります。

涙を流す際には、涙の原料となる血液を供給するために血流が増加します。それにより、まぶたや目の周囲がむくみ、目に軽度の腫れが生じることがあるのです。

目の周辺だけがむくんでいるならいいのですが、手や足など全身にむくみがある場合もあります。その場合は、腎臓に何か問題があるかもしれないため、すみやかに病院を受診するようにしてください。

加齢・病気

老化によってまぶたが下がり、腫れているように見える症状があります。しかし、これは加齢現象による眼瞼下垂(がんけんかすい)のため心配はありません。

一方で、まぶたが垂れ下がり、まぶたが上がらなくなるような症状があります。この場合は神経麻痺の可能性があるため、すみやかに病院を受診するようにしてください。

目の腫れを防ぐ予防法

刺激を与えない

涙をたくさん流すようなことがある場合、涙を流している間はまぶたを触らないようにしましょう。まぶたをこすって刺激を与えてしまうと、まぶたが腫れてしまいます。

また、アイメイクなどの化粧を落とすときも、ゴシゴシとこすらないよう優しくしましょう。意識して行うことで、次の日の腫れを抑えることができます。

塩分を控える

塩分の摂りすぎで、まぶたがむくんでしまうことがあります。これは、体内の水分を身体の外に出すことができなくなるために起きます。

規則正しい食生活をし、塩分の多いスナック菓子などを食べ過ぎないようにしましょう。

基礎代謝を上げる

運動不足や睡眠不足、ストレスなどは、血液の流れを悪くしたり、基礎代謝を下げたりします。すると、体内の老廃物が身体の外に出にくくなるため、目の周辺の水分や老廃物も留まってしまいます。

そのため、適度な運動や規則正しい生活習慣を行うようにし、基礎代謝をアップさせてむくまないようにしましょう。

動物を触ったら手を洗う

動物のアレルギーなどがある場合は、動物を触った手で目を触らないようにしましょう。アレルギー反応で、目がかゆくなり腫れてしまいます。

もし触ってしまったら、手を石鹸で洗って衣服を着替えるようにしましょう。

目が腫れたときに自分で行う対処法

血行を良くする

うつぶせで眠る、ふとんをかぶって眠るなどした次の日、朝起きるとびっくりするほど目の周辺に水分がたまってまぶたが腫れることがあると思います。

そのようなときは、冷たいタオルなどを目にあてると血流が良くなるため、一時的には効果があるでしょう。血流を良くすることで、まぶたの腫れは改善されていきます。

また、腫れ方にもよりますが、保冷剤などをタオルでくるんでまぶたにしばらくあてて冷やすことで、まぶたの腫れを改善させることができます。

寒色系の化粧をする

女性の場合はアイシャドウやアイラインをいつもよりもはっきりとするように化粧をすると、腫れていることをごまかすことができます。特に、暖色系のものよりも寒色系のものを選ぶと、腫れぼったく見えません。

まぶたを冷やしてから行うとより効果的です。

眼科で行う治療法について

治療方法

まずは、眼科に行って先生の問診を受け、視診してもらいましょう。その後、視力検査や眼圧の検査、感染症があるかないかの検査など、目が腫れた状態に合わせた検査を行います。

麦粒腫や霰粒腫などの場合

抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏が処方されます。

アレルギーが原因の場合

アレルギー点眼薬が処方されます。

かゆみがひどい場合

ステロイド剤が処方されることもあります。

細菌やウイルスなどの感染が原因の場合

抗菌点眼薬や抗菌眼軟膏、抗生物質、炎症をおさえる内服薬などが処方されます。

完治までの過ごし方

目を触らない

目が痛い、かゆいなどの症状が出ていると、気になってしまい目を触りたくなってしまいます。しかし、触ることによって余計に悪化させてしまいます。

そのため、気になっても患部は触らないようにしましょう。

コンタクトレンズの使用をやめる

コンタクトレンズを使用されている方は、目の症状がおさまるまでは使用を止めるようにしましょう。

レンズをつけていると雑菌が増えてしまい、治りが遅くなってしまいます。

眼帯の取り扱いに注意

眼帯をつけることで雑菌を増やしてしまう場合もありますので、つけっぱなしにはしないことが大切です。

まとめ

目が腫れる原因は、涙をたくさん流すという些細なことから、病気の場合までさまざまです。

まぶたを冷やして腫れが引くようなら大丈夫ですが、少しでもおかしいと思ったら病院を受診するようにしましょう。

 

執筆者:田町三田やまうち眼科 山内明子 先生

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの眼科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで眼科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

眼科一覧へ!

  • デジタル診査券