生理中はどうして下痢になりやすいの?その理由と対処法を医師が解説

この記事の執筆者

石野博嗣先生

執筆者

医療法人社団 石野医院

副院長:石野博嗣 先生

1999年 日本医科大学産婦人科教室入局
日本医科大学付属病院
産婦人科研修医
2001年 国立横須賀病院
(現 横須賀市立うわまち病院)
産婦人科
2002年 東京都保健医療公社
東部地域病院 婦人科
2003年 日本医科大学付属病院
女性診療科・産科 助手代理
2004年 日本医科大学付属第二病院
女性診療科・産科 助手

現在は石野医院の副院長

専門は漢方(東洋医学)、産婦人科

患者さん一人ひとりに合った薬を作るため、自由にさじ加減ができる煎じ薬を第一と考える。
診療では一人ひとり丁寧に症状の診断を行い、情報の発信を行う。

生理前の便秘とはうって変わって、生理中になると下痢の症状に悩まされる方は少なくありません。

ほとんどの人が対処法もわからずに、治まるのを待っているのではないでしょうか?

そこでこの記事では、生理中に下痢をする原因と自分でできる対処法をご紹介します。

生理中に下痢になるのはなぜ?

生理中に下痢になる原因として、ホルモンバランスの変化や自律神経の乱れが関係しています。

ホルモンバランスが原因

下痢を引き起こす「プロスタグランジン」

生理は、妊娠せず不要となった子宮内膜が経血に混じって体外に排出されることで起こります。

子宮内膜を剥がすために、「プロスタグランジン」というホルモンによって子宮を収縮させます。

この働きによって腸も影響を受け、ぜん動運動が活発になり下痢を起こしやすくなるのです。

便秘を引き起こす「プロゲステロン」

生理前は「プロゲステロン」というホルモンの分泌が多くなり、子宮や腸の収縮が弱まることで腸のぜん動運動も弱まり、便秘になります。

その後生理が始まるとプロスタグランジンの分泌量が増え、便秘から一変し下痢になります。

 自律神経の乱れが原因

生理中は自律神経のバランスが乱れやすく精神的にも安定せず、イライラしたりストレスを感じたりしやすいときです。

自律神経のバランスが乱れることも腸の動きを悪くするため、より下痢になりやすくなってしまいます。

自分でできる生理中の下痢の対処法

生理中に起きる厄介な下痢の症状を自分自身で何とか改善したいという場合、ここで紹介する方法を実践してみましょう。

血行を良くする

子宮周辺の血行が良くなると経血がスムーズに排出され、プロスタグランジンの過剰な分泌も抑えます。

子宮周辺の血行を良くするためには?

子宮周りの血行を良くするには、次のことを心がけ身体を温める(冷やさない)ことが大切です。

・冷たい食べ物や飲み物は控える
・クーラーの効いた場所では羽織るものを用意する
・寒い季節は腹巻きを着用する
・締め付けが強い下着や服などは避ける
・入浴時は湯船に浸かる
・軽い運動を取り入れる(痛みがあるときは安静に)

食事に気を使う

刺激物を控える

下痢があるときは、腸に刺激を与えるものを摂りすぎないようにしましょう。

腸に刺激を与えやすい食べ物は次の通りです。

・香辛料
・カフェイン
・甘いもの
・脂っこいもの

ビタミンEを意識して摂る

ビタミンEは血行促進の効果があるため、下痢だけではなく生理痛の緩和にも効果が期待できます。

ビタミンEはアーモンドや大豆、うなぎ、緑黄色野菜に多く含まれているので、これらを意識して摂るようにしましょう。

ストレスをため込まない

脳と腸は密に関係しています。

これを「脳腸相関(のうちょうそうかん)」といいますが、生理中は無理のないスケジュールを組み、ストレスをため込まないようにしっかりと休養をとることも大切です。

下痢止め薬を使用する

前述した方法を試しても症状が改善されない場合、市販の下痢止め薬を服用しても良いでしょう。

水なしで飲めるタイプも多く販売されているので、常備しておくと安心です。

購入するときは薬剤師などに相談し、症状に合ったものを選ぶようにしましょう。

生理中の下痢の治療について

市販の下痢止めを服用しても症状が治まらない場合、婦人科を受診しましょう。

治療方法

婦人科では症状に合った整腸剤が処方されるため、これを服用して様子を見ます。

改善が見られない場合は「低用量ピル」によりホルモンバランスの変動を抑えます。

低用量ピルには排卵を抑える効果があるため、ホルモンの分泌量が変動しなくなり、下痢の症状以外にも生理前の便秘・イライラ・生理痛なども緩和されます。

ただし、低用量ピルには避妊の効果もあるため、妊娠を望んでいる人は医師と相談して治療方針を決めましょう。

まとめ

生理のたびに下痢の症状に悩まされるのは辛いものです。

下痢止めや整腸剤で症状を抑えられますが、まずは生活習慣の見直しをすることでホルモンバランスを整えることが大切です。

ホルモンバランスが整っていると、下痢以外にも生理によるさまざまな不快症状を改善できるので、日頃から血行促進や栄養摂取を意識して毎月の生理に備えましょう。

 

執筆者:医療法人社団 石野医院 石野博嗣 先生

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん
  • インフルエンザ予防接種

お近くの婦人科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで婦人科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

婦人科一覧へ!