乾燥が原因のニキビ治し方は?おすすめの食事も!皮膚科での治療法とは

乾燥ニキビ

この記事の監修者

長谷川佳子先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

北里大学医学部卒業
横浜市立大学臨床研修医を経て、横浜市立大学形成外科入局
横浜市立大学病院 形成外科、藤沢湘南台病院 形成外科
横浜市立大学附属市民総合医療センター 形成外科
を経て横浜栄共済病院 形成外科
平成26年よりKO CLINICに勤務
平成29年2月より小田原銀座クリニックに勤務

ニキビというと、皮膚が脂っぽい、皮膚が汚れている、しっかり洗顔しなければならないといったイメージがあるかもしれません。しかし、ニキビの原因は皮脂だけとは限りません。

乾燥肌とニキビは一見、関係がないように感じますが、実は関係しています。

この記事では乾燥肌とニキビの関係や、スキンケア方法、皮膚科で受けるニキビ治療についてくわしく説明します。

乾燥によるニキビについて

1.乾燥肌にニキビができるしくみとは

表皮

乾燥肌とは

乾燥肌とは、角質層の水分が10%を割り込んでしまった状態のことを指します。乾燥によって水分が失われると、肌のバリア機能の低下につながります。

肌のバリア機能の低下とは

通常、肌の油分や水分が足りていて、ふっくらしていると、毛穴も引き締まり、角栓も出やすくなります。しかし、乾燥によって肌のバリア機能が低下すると、肌のターンオーバーが正常に機能しなくなります。また、肌が常に乾燥している状態になれば、角栓が詰まりやすく、角栓があっても出にくい状態になります。

肌が乾燥することでにきびができる

こうしたバリア機能の低下が、毛穴の収縮と角栓がつまる原因となり、ニキビをできやすくします。

バリア機能が低下していなければ、このような現象はほとんど起きることはありません。

つまり、肌が乾燥してしまうことによりにきびができるのです。

2.乾燥によるニキビができやすい人

肌が乾燥している

洗願のしすぎ

乾燥ニキビは肌が乾燥してしまうことにより起こります。市販のピーリング洗願や、酵素洗顔を過剰に使用している、顔を無意識に触っている、洗顔時にゴシゴシと強く洗うなどする人は乾燥しやすいといえます。

男性ホルモンが多い

乾燥だけでなく、男性ホルモン過多も原因とされています。男性に限らず女性でもストレスなどにより男性ホルモンが多く分泌されることもあります。年齢としては、30代を超えたあたりから多くなるとされています。

また、年齢を重ねる中で、体内の水分量も減っていくと考えられています。

乾燥を引き起こす生活習慣

その他にも、洗顔のしすぎや、皮脂の洗浄能力の高いクレンジングの使用、化粧品による摩擦、冷暖房に当たっている時間が長い人も乾燥が起きやすくなります。

3.乾燥によるニキビができやすい時期

時期としては、乾燥しやすい時期でもある秋や冬にできやすいといえます。

ただ、夏でもクーラーの効いた部屋に長時間いることで肌は乾燥します。時期だけでなく、生活環境にも気を配ることが大切です。

4.乾燥によるニキビが出来る部位

乾燥にきびが好発する部位としては、頬やフェイスラインといったUゾーンおよび、口周りに好発しやすいとされています。

こうした部分は乾燥しやすいだけでなく、男性なら髭が生える部分でもあります。髭を剃ることで皮膚が乾燥する上に、男性ホルモンは皮膚バリアの機能低下も招く性質があります。

ニキビが好発する部位、年齢や生活環境を考えた上で、自分のニキビの原因を判断していきましょう。

 自分でできる、乾燥によるニキビの対処法

1.肌の水分量を保つ

乾燥ニキビを防ぐためには、日ごろから肌のケアが必要です。角質層の水分量は15%以上に保たれていれば、肌本来のバリア機能が働くため、肌トラブルを回避することができます。

2.スキンケア用品の選び方

化粧品

化粧水は間違った使い方をすると、乾燥肌の原因となってしまう場合もあります。化粧水は、つけた後も肌のしっとり感を保てる保水タイプを選び、ヒアルロン酸、セラミド、スクラワンなど、保水成分が入っているものを選びましょう。特に敏感肌でも使えるものを選ぶとなおいいでしょう。化粧水を使用した後はクリームなどを塗り、水分が逃げないようにすることが大切です。

3.スキンケアの方法

化粧水

スキンケア用品は、多すぎず、少なすぎず、化粧品の裏に記載されている適量を守って使うようにしましょう。

優しく顔全体になじませると良いでしょう。

4.ニキビ用のスキンケアについて

ニキビ用のスキンケア用品は、現在さまざまなものが販売されています。

使用してみて、肌の調子が良い、ニキビができにくくなったなど、効果を感じるなら使用を続けても問題はありません。

しかし、ニキビケア用品は一般的に皮脂をおさえる方向のものが多く、乾燥を助長するものもあります。

肌に合わないもの、なかなかニキビに効果がないものは、肌トラブルの原因にもなります。専門機関を受診し、ご自身の状態を診てもらった後で、スキンケア用品の検討をしてみても良いでしょう。

5.食生活、生活習慣を見直す

食生活を見直そう

サラダ

食生活を見直すことも、ニキビ対策につながります。偏った食習慣を改善し、栄養バランスのよい食事をすることが大切です。糖分が多く含まれる甘いものや、油脂が多いファストフードが中心でないか、アルコールを飲みすぎていないかをチェックしましょう。

ビタミンB1、ビタミンCを摂って!

ビタミンB1(米ぬか、豚肉、玄米など)、ビタミンC(アセロラ、いちご、ピーマン、ブロッコリーなど)は肌質改善には必須の栄養素です。それらが多く含まれる食品や、場合によってサプリメントで補うことも有効です。

ストレスや睡眠不足も乾燥の原因に

睡眠不足

ストレスや睡眠不足も乾燥の原因となるので、生活自体を見直し、改善することも必要です。

皮膚科でのニキビ治療と費用について

1.ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、毛穴のつまりを取り除き、毛穴を詰まらせにくくします。古い角質を取り除くため、ターンオーバーも期待できます。

代謝をあげる効果はありますが、やりすぎると角質による保護成分が減るため、乾燥が悪化することになります。医師の判断のもと、やりすぎに注意しましょう。

2.イオン導入

皮膚に微弱な電流を流し、美容液を皮膚深部までに浸透させます。イオン導入を行うことにより、効率よく美容成分を肌にいきわたらせることができます。

3.ホルモン治療

乾燥にきびの原因の一つに男性ホルモンの過多があげられます。ホルモン治療を行い、女性ホルモン優位の状態にすることで、角質発生による毛穴つまりを予防することが可能とされています。

身体に問題が生じないよう考えて処方されますが、体質やその時の環境によって、気持ち悪さや体の重さなど、影響が生じる方もいます。

4.外用薬

外用薬

外用薬を用いることにより、炎症の改善や保湿、血行促進などの効果が期待できます

5.費用

医療費

医療機関によっても異なる

ニキビ治療には数種類あります。皮膚科は保険診療がメインです。美容皮膚科は自由診療がメインとなっており、受ける治療の内容や、また医療機関によっても費用は異なります。

また、同じ治療でも保険診療を行う医療機関と自由診療で行う医療機関があります。

何を重視するかで考える

保険診療の目安は、1回2000~5000円程度。自由診療の目安は、1回5000円~とされています。できるだけ費用を抑えたい方は保険診療がおすすめですが、治療効果や美肌効果も期待される方は、美容皮膚科の方が良いでしょう。上記の治療の内容には自由診療の内容が含まれています。

まとめ

乾燥した肌の状態でも、にきびはできてしまうことがご理解いただけましたでしょうか。普段から乾燥しやすい人は特に、日常的な肌のケアが必要です。

また、乾燥してできるニキビは医師がみれば明らかであり、できたニキビのタイプがわかれば、対処がしやすくなります。どうしてもご自身で対処が難しい、長期的なニキビで悩んでいるなどの場合は、専門機関を受診してみるのもおすすめです。

普段からしっかりと対策、ケアを行い、ニキビに悩むことのない肌を目指しましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くの皮膚科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで皮膚科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

皮膚科一覧へ!