膀胱炎の痛みの特徴は?検査や治療の流れを解説。尿の濁りなどの症状も

膀胱炎 痛み

この記事の監修者

岡村長門先生

監修者

岡村クリニック

院長:岡村長門 先生

1996年 埼玉医科大学卒業
1997年 埼玉医科大学第一外科入局 外科研修 (一般外科、呼吸器外科、心臓血管外科)終了
1999年 戸田中央総合病院心臓血管外科医として就職 2000年 埼玉医科大学心臓血管外科就職
2006年 公立昭和病院心臓血管外科就職 2012年4月より岡村医院、医師として勤務し現在に至る
2012年 岡村クリニック開院

※計15年心臓血管外科医として勤務 大学病院および関連病院において、心臓血管外科医として勤務

外科領域のみならず内科医としての経験を生かし、循環器領域疾患を始め、患者さんがお悩みに感じることなど気軽に何でも相談できるような地域のかかりつけ医院を目指す。

トイレに行った時に痛む排尿痛は、膀胱炎の症状の一つです。

膀胱炎は、泌尿器科を受診する患者さんの中でも、最も多い病気といわれます。特に女性は、肛門や膣が尿道と近く、細菌が侵入しやすいため、男性よりもなりやすいといわれています。

この記事では、膀胱炎の時に起こる痛みについてご紹介します。

膀胱炎とは

1.膀胱炎ってどんな病気?

膀胱

細菌感染により膀胱(腎臓から送られてくる尿を一時的に留める器官)に炎症を起こす病気です。

膀胱炎は、大きく分けると急性膀胱炎と慢性膀胱炎の二つあります。

急性膀胱炎

女性の中でも20歳前後に多いといわれ、膀胱や尿道に病気がなく、大腸菌などの細菌が侵入することにより発症します。

慢性膀胱炎

膀胱や尿道に病気があることで細菌が常におり、慢性的に急性膀胱炎の症状を繰り返している状態です。

2.膀胱炎の原因

体力が低下している時に発症しやすい

体力低下

原因の多くは、大腸菌の感染によるものです。長時間トイレを我慢することや、風邪、過労や疲労、月経時など、体力が低下している時に発症しやすくなります。

性交渉も細菌感染のリスクに

ハート

また、不衛生な性交渉も膀胱炎を引き起こします。性交渉の際は、陰部を洗い流す、性交渉の後は排尿することで、尿道にいる細菌を流しだすことが大切です。

膀胱炎の痛みについて。特徴は?

膀胱炎の痛みの特徴や、排尿時の痛みを引き起こす他の病気について解説します。

1.どんな痛み?

排尿時に痛み、特に終わり頃が強い

排尿痛

一般的に、排尿する時に痛みが出始め、特に終わるころに強くなります。

膀胱炎による痛みは、炎症を起こしている粘膜から感じます。傷口がしみるようなひりひりした感じから、症状が重くなると、排尿するのもつらいような激しい痛みになります。

炎症が軽い場合は、排尿後の不快感や残尿感のように感じることもあります。

水分を控えるとますます痛みがひどく…!急性膀胱炎は水分をたくさんとって

水

しかし、排尿時の痛みがつらいからと、水分を控えるとますますひどくなります。

急性膀胱炎は、水分をたくさんとり、排尿回数を増やすことで、細菌を外へ排出することができ、痛みも和らぐようになります。

軽い場合は痛みがないことも

膀胱炎が軽い場合、自覚症状がない場合もあります。その場合、検診や他の症状における尿検査で分かることもあります。

慢性膀胱炎の場合も、尿の混濁、または排尿後の違和感があっても、痛みはないことがあります。

2.膀胱炎の痛み以外の症状

排尿痛以外の症状としては、以下のものがあります。

排尿の回数が増える

膀胱内に炎症が起こっているため、尿がたまる前に膀胱内が刺激され、いくら排尿してもトイレに行きたい感覚が繰り返されるためです。この時、一回で出る尿の量は極端に減り、排尿してもまだ膀胱に残っている感覚があります。

尿が濁っているように見える

炎症によって膀胱内部の粘膜が傷つくことで、少量の出血があることや、炎症が起こることで細菌が増殖し、それと戦った白血球の死骸が尿の中に混ざることで起こる症状です。

3.排尿時の痛みがある他の病気とは?

膀胱炎以外に、次のような病気でも排尿時の痛みを感じることがあります。

尿道炎

尿道炎はほとんどの場合、性行為による細菌感染で起こります。

・淋菌性尿道炎(りんきんせいにょうどうえん)

淋菌が感染して起こります。

・非淋菌性尿道炎(ひりんきんせいにょうどうえん)

クラミジアやマイコプラズマ、ウレアプラズマなど、淋菌以外のものから感染して起こります。

間質性膀胱炎

40歳以降の女性に多い病気で、膀胱の粘膜の異常や、アレルギーが関係していると考えられますが、はっきりと解明されていません。主に尿が膀胱にたまってくる時に痛みを感じます。

尿路結石

男性に多くみられ、腎臓や尿管、膀胱や尿道など、カルシウム化合物の結晶により結石ができてしまう病気を指す。

膀胱炎の痛みがある時の対処法

1.何科を受診すべき?

疑問

泌尿器科や内科を受診します。膀胱炎の場合は女性でも泌尿器科を受診して問題ありません。

妊娠している場合は、胎児に影響を及ばさないよ、薬の種類や服用期間を選択する必要があるため、まずは通院している産婦人科を受診します。

2.検査と治療の流れ

尿検査を行い診断する

尿検査

まずは症状を聞き取った上で、尿検査を行い診断します。

採取した尿を顕微鏡で見て、炎症細胞である白血球が増えていたら膀胱炎と判断します。

抗生物質は治癒するまで飲む

薬

膀胱炎である場合、抗生物質の内服薬が処方されるので、治癒するまできちんと内服するようにします。症状に応じて、痛み止めや解熱剤、漢方薬が処方されることもあります。

3.市販薬の購入について

症状が軽い場合は市販薬を利用しても

病院で処方された薬を飲むことが、しっかり治療して治すためには大切ですが、比較的軽い症状である場合や、病院にすぐに行けない場合、利尿作用のある漢方薬など、市販薬を利用しても良いでしょう。

症状が改善しない場合はすぐ病院へ

しかし、市販薬はその効果が一時的であるため、症状が改善しない場合や、症状が悪化する場合は、すぐに使用を中止し病院を受診するようにしましょう。

また妊娠中や授乳中は、薬の服用など自己判断は控え、産婦人科などを受診してください。

まとめ

膀胱炎は、排尿痛や下腹部痛、腰痛といったさまざまな痛みを引き起こしますが、痛みがない場合もあり、注意が必要です。

軽い膀胱炎であれば、水分を多めに取り、細菌を外へ流すために尿の回数を増やすことで自然治癒も期待できます。

日頃から、トイレを我慢しない、疲れをためない、膀胱炎を起こさないようトイレでの拭き方などにも注意し、膀胱炎を予防しましょう。痛みだけでなく、尿の回数、色やにおいなどいつもと違う変化を感じたら病院を受診することをおすすめします。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

この記事は役にたちましたか?

  • すごく
  • いいね
  • ふつう
  • あまり
  • ぜんぜん

お近くの泌尿器科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで泌尿器科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

泌尿器科一覧へ!