風邪の治りかけの時の食事は?薬はいつまで?周りへの感染に注意!

風邪 治りかけ

この記事の監修者

岡村長門先生

監修者

岡村クリニック

院長:岡村長門 先生

【職務経歴】
戸田中央総合病院
埼玉医科大学
公立昭和病院
岡村医院
岡村クリニック

風邪は治りかけが肝心です。

油断をしてしまいがちですが、新たな感染にかかってしまいなかなか治らないということも…。

この記事では風邪の治りかけのときの過ごし方やおすすめの食事、薬の飲み方についてまとめています。

 風邪の治りかけのときの過ごし方は?

1.日常で気を付けること

手洗い・うがい・水分補給・安静

手洗い

手洗いうがい、十分な水分補給を行い、なるべく安静に過ごしましょう。

水分補給の際は、スポーツドリンクや経口補水液などを併用することが望ましいです。水やお茶などと比べ、保水率、吸水率が高いためです。

また、薬は用法容量を守って使用しましょう。

運動は避ける

運動で体力を消耗しすぎると回復力がなくなり、なかなか完治しなくなってしまいます。

また汗をかくことで身体を冷やしてしまうので、暖かくしてできるだけ安静に過ごしましょう。

お酒は控える

お酒ダメ

アルコールを摂取すると身体の水分が不足してしまうので、治りかけでもお酒は控えましょう。

風邪を治すためには免疫力を高めることが重要です。

お酒を飲むと肝臓でアルコールを分解しなくてはならないため、免疫力を高めることができなくなります。

入浴は身体への負担がない程度で

お風呂

発熱していなければ、お風呂に入っても問題はありません。

ただし、身体を温めすぎてしまうと体力を消耗します。

湯冷めしないように気を付けて身体の負担がないように入りましょう。

2.おすすめの食事

消化しやすいものを中心に

胃腸に負担がかからない消化しやすいものを中心に選びましょう。

食事から栄養を補給することでさらに回復につながります。

たんぱく質・ビタミン・ミネラルを合わせてバランスよく

雑炊

消化の良い雑炊やうどんを中心にたんぱく質やビタミン、ミネラルも合わせて摂ることは早めの回復につながります。

理由として、炭水化物は脂質、タンパク質に比べて消化が早く、エネルギー源になりやすいことが挙げられます。また、適度なたんぱく質に加え、ビタミン、ミネラルがあることで、より炭水化物がエネルギー源になりやすくなります。

卵や豆腐、鶏胸肉は、脂質も少なく胃腸に負担をかけないだけでなく、ビタミンも含んでいるのでおすすめです。

野菜でビタミンC・ビタミンAを補給

野菜も一緒に摂ることで不足したビタミンC やビタミンAなどを補給しましょう。

風邪など炎症を起こすと、体内中のビタミンCやAが特に減少するため、消費する分を補給する目的です。

ただし食物繊維の多い野菜は胃腸に負担となることがあります。しっかりと加熱調理をして柔らかくすると食べやすくなります。

3.薬はいつまで飲む?

薬

風邪薬は治りかけのときにはほとんど飲まなくても良いでしょう。

基本的にはのどの痛み、鼻水、咳、発熱などの症状を軽減させるためのもので、ウィルスを排除してくれるわけではありません。

症状が辛いときにだけ使用するようにしましょう。

4.治りかけの風邪は人にうつりにくい?

ばい菌

治りかけや治ってから数日の方が人にうつりやすいと言われています。

治ってからも2~3日は、まだ体内にウィルスが潜伏しています。そのため、空気感染の可能性があるので体調が良くなっても油断せずに外出時はマスクの着用をしましょう。

風邪はどのように治ることが多いの?

1.風邪の流れ

まず、のどの痛みを感じてから鼻水が出るようになります。その後のどの痛みが悪化していき、鼻水の量も増えていきます。そして咳が出るようになり徐々に鼻水と咳が治まって完治してくという流れです。

2.完治まで1週間から10日は感染症の可能性も

完治するまでに平均で1週間∼10日ほどかかります。

ひきはじめてから2~3日後が最も症状がよく出る時期です。

10日ほど経っても症状が治まらない場合は、風邪ではなくほかのウィルスや細菌に感染している可能性があります。なかなか症状が改善しないときは早めに病院を受診しましょう。初診はまず内科にかかるのが適当と考えられます。

3.治りかけのときはさらなる感染の危険も!

注意

治りかけの時期に、さらに喉が痛くなるなど別の症状が出たという経験はありませんか?

体力や免疫力の回復も不十分な時期なので、新たな感染にかかってしまい、なかなか治らないということがあります。風邪の治りかけのときには、とくに注意が必要です。

まとめ

風邪の治りかけは、症状が落ち着いてくるためもっとも油断しがちな時期です。

体力や免疫力も完全にはもどっていない状態なので、ほかのウィルスや細菌を含む新たな感染症に注意が必要です。予防策としても手洗い、うがいを心がけましょう。

またこの時期は人にうつしやすいときでもあるので、外出時にはマスクを着けるなどの対策をしましょう。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

メールアドレス:任意
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション):

お近くの内科を検索!

ネット受付・予約もできる

病院検索サイト

ご自宅や職場の近くで内科を探したいときは、検索サイト『EPARKクリニック・病院』を使ってみてください。口コミやクリニックの特徴を確認することができます。

EPARK
  • 科目をしぼって簡単検索♪
  • 充実の医院情報満載!
  • 待ち時間を削減!Web受付にも対応!

内科一覧へ!